共働きで夫婦の生活費はどう負担する?

 

新婚夫婦が共働きで生活している場合、それぞれの収入をどう管理して生活費を負担し合うかというのはけっこう難しい問題です。

若ければ夫の稼ぎもまだ不安定である場合もありますし、世帯主だからと言ってほとんどを負担してもらうのは納得してもらえないかもしれませんね。

そこで3つの提案をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→共働きをしながら子育てのスケジュールが知りたい!

 

1.収入をひとつの口座にまとめてしまう

誰の収入と意識せずに完全に公平に負担し合うには、給料の振込み先をひとつの口座にまとめるか、給料が出た後にそのまま一箇所にお金をまとめるという方法です。

光熱費や家賃など多くの出費は引き落としにしていることが多いと思うので、ひとつにお金がまとまっていればその分管理もしやすくなります。

また、相手のお金でもあると思えば無駄遣いも減らせるかもしれませんね。

収入をまとめる時には給料明細を確認し合うようにしましょう。

相手の収入がわからないまま、まとめたことにしているとずるい相手ならごまかされてしまう可能性もあります。

また、お金をまとめた後にお互いがそれぞれ好き勝手に使うことができないよう、いくらをどうして引き出したかについてノートにまとめながら管理するのがいいと思います。

中心となって管理する側ではない相手にもそのノートをたまに見てもらい、誰のお金という考えを捨ててふたりで守っていきましょう。

関連記事→共働きの世帯年収や割合はどれくらい?子供の平均年齢も知りたい!

 

2.毎月決まった大きい金額は

収入の多い方が、節約できる金額は収入の少ない方が負担する住まいや車のローンなど、毎月決まった大きい金額の支払いがあるならその分は収入の多い方が負担するのがいいかもしれません。

その代わり、節約しやすい食費や日用品の購入費用は収入の少ない方が負担することにしてみるのはどうでしょうか。

それ以外の出費は均等な負担額になるように割り、わたしは電話と電気、あなたは水道とガスなどとしてもいいと思います。

何を担当するかは家でよく使うものや関心のあるもので決めた方が節約意識も高まります。

例えば洗濯なら妻が担当する場合が多いと思うので水道代は妻が負担するなどです。

そうすることで少しでも自分のお金をかけないように家事や生活において工夫が生まれると思うのです。

どちらがよく使っているかをしっかり把握するのは難しいですが、何を担当するかを決める目安くらいにはなると思うので参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事→共働きのメリットとデメリットは何?

 

3.夫が生活費を全額負担

その代わり妻の収入は全額貯金する生活費の負担といっても毎日かかるお金について考えるだけではなく、これから先の結婚生活のためにも貯金をしていきたいですよね。

子供ができれば妻の収入も減ったり仕事を辞めることもあるかもしれません。

結婚を機に夫の収入だけで生活していく習慣をつけておければその後も安心です。

可能であれば夫に生活費を全額負担してもらい、その代わり妻の収入は全て貯金に回すようにしましょう。

その際には夫の収入の口座にあるお金を残しておこうと神経質にならずに済みます。

知らないうちにお金がたまりますし、誰がいくら負担したという揉め事もなくなるので一番楽な方法かもしれません。

関連記事→共働きで食事を作るコツが知りたい!

お勧め関連動画

共働きをしながら子育て。色んな大変なことがありますよね。みんな、こんな風に乗り越えています!
関連記事→共働きをしつつ子育て!食事や家事の問題、どうやって乗り越える?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る