赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

 

赤ちゃんと初めて過ごす夏。

一体どういう服装をさせればいいのか、悩みますよね。

赤ちゃんの夏の服装について書いてみました。

スポンサードリンク

関連記事→夏生まれの赤ちゃんの肌着はどうする?お勧めは?

 

夏に着せる赤ちゃんの服

赤ちゃんは大人と大きく違い、身体がとても小さいです。

つまり、夏場は気温が高いので、熱がこもると熱射病や日射病にかかりやすいのではないか?という不安が常につきまとってました。

水分を取らせることは必須ですが、服装も大事。

自分はそうでないから自分の子供もそうではない と思い込んではいけません。

夏の日差しにより、やけどを負う可能性もゼロではありません。

ましてや近頃の夏の日差しは、昔と違って日に当たると時折痛みを伴う火傷めいた日焼けを起こすことも増えたみたいです。

大人だと、我慢もできますし丈夫な人もいるでしょう。

ですが赤ちゃんは大人よりもデリケート。

皮膚ばかりではなく体質もそう。

それに夏と言えば、害虫の蚊もあちこちに出現します。

刺された後は大人でさえ辛い思いをすることが多々あります。

小さい赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、蚊に狙われやすいです。

過酷な真夏の太陽熱やそんな害虫から身を守るため、なるべく皮膚を露出せず、体内に熱をこもらず外に発散させられるような通気性のいいものがいいと思います。

洋服もいいのですが、甚平みたいな和服がオススメ。

浴衣のようなものだと逆に記事の面積が広くなるので着脱が面倒になりますが、甚平だと上下に分かれているので世話をしやすいです。

和装に共通して言える一つに袖口が広いことがあります。

そのため余計な熱を発散しやすいので、長袖であったとしても、ちょっとした風も涼しく感じられます。

気のせいであったとしても、暑さによるストレスも軽減されるかも。

幼児向けの甚平はありますが赤ちゃん用はどうでしょうかね?

もし見つからなかったら、使わなくなったりリサイクルショップなどで売られている大人用の物の袖やすそなどを裁断して赤ちゃんのサイズに合わせるのもいいかと思います。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの夏服の選び方が知りたい!月齢ごとの違いは?

 

赤ちゃんの汗に注意

そして意外と注意しなければならないのが汗。

汗をかいて着替えるまでに、生地と皮膚の摩擦であせもなどの皮膚への被害が出やすい時期でもあります。

皮膚のトラブルの原因は前述の日差しや害虫ばかりではありません。

ですが甚平だと前を合わせて紐で結んで着用するため、身体の汗ふきも意外と手軽に、しかも短時間でできるので、皮膚への被害も抑えられやすいかも。

甚平その物に対しては、嫌な臭いなどがなければ、汗で濡れた後はただ干すだけでも問題ないかと思います。

垢で汚れたらさすがに洗濯は必要でしょうが。

夏場でもありますし、生地によっては乾きやすいものがあります。

一晩干しただけで次の日また着ることができそうなものもあります。

汗かいたものを乾かすだけでまた着せるなんて・・・と思われる方もいるでしょう。

そのような場合、同じものを着替えとして用意すればいいでしょう。

当たり前のことかもしれませんが、甚平は意外とかさばりませんし軽いです。

ですから数多く用意し、持ち運びができると思います。

赤ちゃん用でも、いろんなおしゃれができる洋服もたくさんあります。

おしゃれもいいですが、それよりも健康第一を目的とした服装を心掛けて、風邪通しのいいゆったりとした服装に体のケアのグッズなどを組み合わせ、小さい頃からダメージを負うようなことを避け、健やかな体づくりを心掛けてあげてほしいですね。

関連記事→赤ちゃんのポンチョは夏も冬もお勧め!抱っこ紐やベビーカーではどう使う?

お勧め関連動画


赤ちゃんは夏にどんな服装をさせたらいいのでしょうか?
帽子の被せ方や日焼け止めについてもまとめています。

関連記事→赤ちゃんの夏の服装まとめ!帽子は被る?日焼け止めは?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る