赤ちゃんの夏服の選び方が知りたい!月齢ごとの違いは?

 

初めて生まれた赤ちゃん、服装をどうしていいのかすごく悩みますよね。

喋ってくれない赤ちゃんなので、一体暑いのか寒いのかよく分からないことが多いです。

よく「大人より1枚少なくする」ということを耳にしますが、夏なんて大人も薄着なのにこれ以上少なくって…と私も頭を悩ませました。

今日は赤ちゃんの夏服の選び方と月齢ごとの違いをお話したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

 

新生児の頃の夏服

新生児の頃は体温調節機能がまだ発達していない上に、赤ちゃん自体があまり動かないので、実際には大人よりも1枚多く着せてあげるほうがいいみたいです。

汗取り用に短肌着とツーウェイオールくらいがちょうどいいみたいです。

寝返りをはじめて動きが多くなってくる3か月頃からは、おうちにいる時はロンパース1枚でいいと思います。

うちの子も、サッカー生地のロンパースで転がっていました。

自分で動きだすと、急に汗の量が増えるので、お着換えだけは頻繁にしていたと思います。

汗をかいたまま放置してしまうと、風邪をひく原因となってしまうので、汗をかいたらこまめに洋服を着替えさせてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんのパジャマ、夏と冬でどのように変化させる?

 

6か月頃の夏服

早い子だとつかまり立ちを始める6か月頃からは、Tシャツに短パンで肌着なしで過ごしていました。

そして、汗を書いていないか常に確認して、汗をかいていたら、すぐに着替えさせていました。

汗を吸収させるために、下にシャツを着せていたこともありましたが、あせもがひどくなってしまい、小児科の先生に汗取りを着せるよりもこまめに着替えさせることが重要だとアドバイスをいただいたこともあり、シャツを着せるのはやめにしました。

女の子の場合、ワンピース1枚で過ごすこともあるかと思います。

自宅室内ならある程度、温度調節できるのでいいのですが、外出する際は薄手のスパッツなどを履かせてあげたほうがいいかと思います。

あまりにもスースーしすぎると、おなかの調子を崩したり、風邪をひいたりすることもあるので気を付けてあげてください。

もちろんこれも家にいる時や外で遊ぶ時の服装です。

関連記事→赤ちゃんのポンチョは夏も冬もお勧め!抱っこ紐やベビーカーではどう使う?

 

冷房には注意

スーパーやショッピングセンターに出かける時は、必ず薄手のカーディガンを持っていきました。

大人が思っている以上に、外出先の冷房は赤ちゃんに大きな負担になる場合があります。

そんな時はさっとカーディガンを羽織らせてあげるだけでも随分違うようでした。

そして、とても重宝したのがレッグウォーマーです。

ツーウェイオールやロンパースは丈が短いものも多いので、レッグウォーマーを持っておくと、ちょっと冷房がきつい時にさっと履かせられて便利なのです。

夏場の冷房にも重宝しますが、冬場のタイツ代わりにもとても重宝するので、買っておいて損はないと思います。

赤ちゃんが使わなくなった時は、お母さんがアームウォーマーとして利用することもできるので、落ち着いたデザインのものを選ぶと使用用途の幅がぐっと広がるように思います。

赤ちゃんの暑い寒いが一番分かるのは、やはりいつも一緒にいるお母さんだと思います。

年々、最高気温が上昇し、冷房なしでは生活できないようになってきています。

暑すぎたり寒すぎたりしないように温度調節をすることも大切ですが、どうしようもない場合も多いと思うので、色々と使ってみて我が子に一番いい服装を見つけてあげてください。

関連記事→水遊び用オムツやパンツ、どのように使う?オススメは?

お勧め関連動画

赤ちゃんは夏にどんな服装をさせたらいいのでしょうか?
帽子の被せ方や日焼け止めについてもまとめています。
関連記事→赤ちゃんの夏の服装まとめ!帽子は被る?日焼け止めは?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る