赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

 

赤ちゃんは、大人より汗を書きます。

人間の汗腺は、赤ちゃんだろうと大人だろうと同じ数があります。

小さな体に、大人と同じだけ汗を出す穴があるのですから、かなり、たくさんの汗をかくのも頷けますよね。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの夏服の選び方が知りたい!月齢ごとの違いは?

 

夏と冬の違い

産まれたばかりの赤ちゃんは、まだ、体温調節がうまくいきません。

ですから、部屋の温度は一定に保たなくてはいけません。

そうなると、夏も冬もあまり変わりがありません。

寝返りが出来ない頃の赤ちゃんは、背中に汗をかきやすく、汗疹が心配です。

痒くても、痒いと言えない赤ちゃんですから、世話をする大人が、気をつけなくては、いけませんよね。

いくら、夏、冬関係ないと言っても、やはり、冬は寒いですし、汗をかく度に、着替えさせてたら、洗濯物も大変です。

赤ちゃんの背中に、ガーゼ地のハンカチを入れてあげましょう。

汗をかいたら、そのガーゼを取って、新しいガーゼを背中に入れてあげれば、赤ちゃんも快適でいられますし、汗疹の心配もいりません。

関連記事→赤ちゃんのポンチョは夏も冬もお勧め!抱っこ紐やベビーカーではどう使う?

 

入浴は1日1回、夏なら2回でも

汗かきの赤ちゃんですから、入浴は、具合が悪い、熱があるのではない限り、毎日して上げて下さい。

オムツかぶれなども、心配ですし、清潔のためには、入浴は大事です。

最初は、衛生面で、免疫があまりない赤ちゃんは、赤ちゃん専用の入浴バスで、入れてあげます。

大人と同じお風呂は、生後一ヶ月過ぎて、おへそが、乾いて、ガーゼが取れてからにして下さい。

冬なら、暖かい昼間に入浴させましょう。

1人で入浴させる場合は、赤ちゃんの服とバスタオルを部屋に広げて、準備しておくと、効率よく出来ますよ。

 

赤ちゃんの体温は高め

赤ちゃんの体温は、大人より高いです。

ですから、大人と同じに着せたり、一緒の布団で寝ると、暑くて汗をかいてしまいます。

基本、赤ちゃんの服装は、大人より1枚薄く、が原則です。

また、寝る時は別々の布団で寝るのがベストです。

大人と寝ると、布団が重いですし、赤ちゃんには暑すぎます。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんのパジャマ、夏と冬でどのように変化させる?

 

赤ちゃんの布団はこまめに干す

見えなくでも、布団は赤ちゃんの汗をたくさん吸っています。

お天気の良い日は、なるべく、干して上げてください。

シーツもこまめに変えてあげましょう。

 

汗をかいたら拭く

首や脇の下は、見えないですが、結構汗を書いています。

汗をそのままにすると、冷えて来てしまいますから、こまめに、拭いてあげましょう。

オムツをしている分、大人より暑い状態だからです。

扇風機を直接赤ちゃんに、当てるのは、あまり良くないので、暑そうだなと思ったら、うちわで優しく仰いであげましょう。

うちわなら、風も調節してあげられるので、便利ですよ。

関連記事→夏生まれの赤ちゃんの肌着はどうする?お勧めは?

 

寒いからと靴下履かせてはダメ

冬、足が冷たいからと言って、靴下を履かせたまま、寝かせてはいけません。

汗をかいて、その汗が冷えてしまうので、逆効果になってしまいます。

布団の中に、足を入れといてあげるだけで大丈夫です。

 

お出かけの時は

赤ちゃんを連れて、外出する時は、軽く羽織るものを用意しましょう。

まだ、うまく体温調節が出来ないので、すぐ脱ぎやすく、着させやすいものが良いです。

生後一ヶ月までは、おくるみを持ち歩けば、便利でしょう。

いろいろ工夫をして、赤ちゃんと一緒に、楽しく1日を過ごしましょう。

関連記事→赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

お勧め関連動画

赤ちゃんは夏にどんな服装をさせたらいいのでしょうか?
帽子の被せ方や日焼け止めについてもまとめています。
関連記事→赤ちゃんの夏の服装まとめ!帽子は被る?日焼け止めは?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る