赤ちゃんの日焼け止めはいつから?つけ方や落とし方が知りたい!

 

赤ちゃんの肌はとても弱く、日差しからの影響を受けやすいです。

肌を守るために日焼け止めを使うと良さそうですね。

でも、いつから使ったらいいのだろう、何を使えばいいのだろうと悩みごとはつきないと思います。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんのポンチョは夏も冬もお勧め!抱っこ紐やベビーカーではどう使う?

 

いつから使うか

まず、新生児のころは外出はしないだろうし、私の場合抱っこひもでの行動が多いので、首が座るまでは抱っこひものなかに埋もれてる感じで、抱っこひもの上から日焼け止めカバーをつけたりするので日焼け止めは必要ないかなと思います。

起きてる時間が長くなり、子どもが外の様子をうかがうようになってきたら、日焼け止めを考えるのも手かとおもいます。

子どもの肌は大変デリケートなので、肌にいいものをきちんと選んであげる必要がありますね。

私は、私自身が肌荒れを起こしやすいので、肌に優しいを一番に考えます。

親用の日焼け止めで、ノンケミカルだと肌荒れしにくく、子どもにも使えるというのがあるので、それを、おすすめします。

SPFの値もいろいろありますが、そこはあまり気にせずにノンケミカルで肌に優しいを一番に考えるのがいいかなと思います。

関連記事→赤ちゃんのパジャマ、夏と冬でどのように変化させる?

 

塗りかた

しっかりと保湿したあとに、薄く塗ってあげるのがいいと思います。

子どもはほっぺたのところがすぐ赤くなりやすく日焼けしやすいのでそこを重点に塗る必要があります。

子供は、すぐに手で目をこすってしまうので目のまわりにはぬらないように注意してください。

日焼け止めも時間がたてば効果が薄れてくるので、長時間外にいて日光を浴びる時間が長いときなどは、何度も塗りなおしてあげる必要があります。

塗った日にはしっかりと洗顔してあげましょう。

日焼け止めが肌に残っていては、肌荒れの原因になります。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

 

落とし方

まず、石鹸は泡立てるのが大変なので、固形石鹸ではなく、泡となり出てくるものを使うのが使いやすいです。

まず自分がお風呂場の椅子に座り、子どもを膝の上に向かい合わせになるように座らせそこからゆっくり後ろに倒し膝の上に寝かせるようにします。

そして洗剤をだし泡をゆっくりのせていきます。

すぐ手で顔をかいてしまったりすることが赤ちゃんには多いので、洗剤が目にはいらないようにするために、心配な方は一つずつブロックに分けて洗うのをおすすめします。

まずはおでこですが、おでこの上にのせた泡で優しくクルクル撫でるように洗います。

ゴシゴシしてしまうと肌が傷ついてしまうので優しくが基本です。

洗い流すときは直接お湯をかけてしまうことは子どもにできないので、洗面器にお湯をためて少し濡れているガーゼで、髪の毛のほうにむかって拭き取ってあげるのが一番いいと思います。

何回か繰り返して泡が残ってないようにすることが大切です。

頬っぺたや顎なども同じように洗ってあげるといいと思います。

抱っこひもでの場合、日焼け止めカバーを使わないときは足にも日焼け止めを塗るのをおすすめします。

意外と盲点で、抱っこひもから出てる足が常に直射日光を浴びている状態になっています。

そこはしっかりと注意してみてあげましょう。

子どもの肌を守るのは親しかできません。

しっかり予防しましょう。

関連記事→赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

お勧め関連動画

赤ちゃんは夏にどんな服装をさせたらいいのでしょうか?
帽子の被せ方や日焼け止めについてもまとめています。
関連記事→赤ちゃんの夏の服装まとめ!帽子は被る?日焼け止めは?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る