水遊び用オムツやパンツ、どのように使う?オススメは?

 

暑くて暑くてたまらない!日中は暑過ぎて公園でも遊べないし、家の中だけじゃ赤ちゃんのご機嫌も斜めになってしまいますよね。

そんな時は家の前でビニールプールをしてみたり、海やプールへ赤ちゃんも一緒に連れて行ってあげたくなります。

でも、まだオムツが外れていない赤ちゃんが、他の人と一緒に水の中に入るのって気を使う‥といったママも多いでしょう。

そこで役に立つのが水遊びパンツです。

そんな水遊びパンツの選び方や使う時の注意点、いつから使えるのかをみてみましょう。

スポンサードリンク

関連記事→布おむつを使って良かったことが知りたい!

 

紙おむつ型とパンツ型の選び方

赤ちゃんの水遊びパンツには、紙おむつ型とパンツ型の2種類があります。

紙おむつ型は、使い捨てタイプの水遊びパンツです。

普通の紙おむつは吸水ポリマーでおしっこを吸収してくれます。

しかし水遊びのおむつは吸収ポリマーが入っていないので、水の中に入っても膨らまず赤ちゃんは快適に水遊びができます。

おしっこは吸収せずに漏れてしまいますが、主な目的はうんちをキャッチすることです。

もちろん水分の多いうんちは、漏れてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

うんちをしても使い捨てタイプなので、予備を持っていけば普通のおむつ替えと同じように取り替えられます。

海やプールなど公共の場や長時間の水遊びには、紙おむつ型が向いていますね。

遊びに行くたびに購入する必要がありますが、使い捨てなので気軽に使えます。

パンツ型は布製で、トレーニングパンツと同様に洗って何度も繰り返し使うことができます。

一度買えば、サイズアウトするまで使えるので経済的ですよ。

紙おむつ型同様、おしっこやゆるめのうんちは漏れてしまうことがあります。

遊んでいる途中に一度うんちをしてしまうと、遊びを中断しなければいけません。

パンツ型は短時間での使用や、おむつは外れたけど少し心配だなという方に向いていますね。

どちらにもメリット、デメリットがあるのでママの好みで選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事→布おむつと紙おむつ、それぞれのメリット、デメリットは何?

 

使用する時の注意点

水遊びパンツは、あくまでうんちをキャッチして漏らさないようにすることが目的です。

おしっこは漏れてしまいますし、ゆるめのうんちも漏れてしまうことがあります。

使用中は、こまめにうんちをしていないか確認してくださいね。

もしもの時のために、必ず予備を持っていきましょう。

利用する施設によっては、水遊びパンツの使用を禁止している所もあります。

おむつが外れなていなければ利用不可など施設によって様々なので、遊びに行く前にホームページなどで確認してみてくださいね。

 

水遊びパンツはいつから使えるの?

紙おむつ型の水遊びパンツは、ムーニーとグーンが販売されています。

どちらもM、L、ビッグサイズの3種類ですが多少大きさが違うようです。

・ムーニーMサイズ7~10kg

・ムーニーLサイズ9~14kg

・ムーニービッグ12kg以上

・グーンMサイズ7~12kg(60~80cm)

・グーンLサイズ9~14kg(70~90cm)

・グーンビッグ12kg以上(80~100cm)

Mサイズなら生後半年頃から使えそうですね。

布製のパンツ型のサイズは80cmから100cmで販売されている商品が多いです。

赤ちゃんの太ももや胴回りのサイズも確認してください。

あまりにも緩いと、漏れる原因にもなります。

赤ちゃんのサイズに合う水遊びパンツを選んであげてくださいね。

お気に入りの水遊びパンツを見つけて、夏の暑い日に赤ちゃんも一緒にプールや海で水遊びを楽しみましょう。

関連記事→おむつのお勧めが知りたい!どんな種類がある?

お勧め関連動画


赤ちゃんは夏にどんな服装をさせたらいいのでしょうか?
帽子の被せ方や日焼け止めについてもまとめています。
関連記事→赤ちゃんの夏の服装まとめ!帽子は被る?日焼け止めは?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る