産後に引っ越し!母子手帳はどうする?

過去、学生時代から何度か引っ越しを経験しましたが、もともと整理整頓が苦手な私にとって、引っ越しは本当に億劫なものでした。

荷物の整理も去ることながら、諸々の手続きも面倒の塊でしかないように感じていました。

そんな私が産後引っ越したのは、次女が生後2カ月の頃です。

妊娠が判明してすぐの頃に、家を建てることになったのです。

産後の引っ越しから諸々の手続きが終わるまでのお話をしますね。

スポンサードリンク

関連記事→子連れの引越しの手続きは何が必要?

 

産後に引っ越し

引っ越しへの不安はあるものの、今回はすべて引っ越し屋さんにお願いすることにしたので、荷造りや運搬に関しては不安は少なかったものの、やはり、諸々の手続きは夫と私で手分けするしかありません。

とはいえ、夫は仕事もありますから、専業主婦である私がやることになります。

赤ちゃんのことであれば尚更ですよね。

私の場合は市外への引っ越しだったので、母子手帳や健診や予防接種の助成について確認する必要がありました。

ひとまず、転入届けを市役所に出しに行った際に、何処に行ったらいいのかを確認すると、保健センターへ行くように教えていただきました。

その際に、母子手帳を必ず持参するようにとのことでした。

保健センターへは予約等なく行くことができます。

関連記事→妊娠中に引越し!住民票の移動はどうすればいい?

 

窓口で「市外から引っ越してきたので手続きをお願いします」と申し出ると、担当の方が来てくだり、まずは氏名・住所・家族構成などを書類に記入しました。

そして、長女・次女それぞれの母子手帳を確認し、予防接種の確認を行ってくれました。

引っ越し前と引っ越し後の大きな違いとしては、以前の市では、予防接種の予定がある度に問診票を個別に郵送してくれていたのが、引っ越し後は、産後の助産師による個別訪問時に、今後受ける予定の問診票すべてを冊子にして渡しているとのことでした。

これには大変驚きました。

ただでさえたくさんある予防接種、何をいつ頃受けるのかなんて、長女の時には把握できていませんでしたので、郵送される問診票頼みでやってきた私にとっては接種し忘れてしまうのではないかと不安でしかありませんでした。

担当の方の話によると、実際にし忘れてしまうお母さんが結構いらっしゃるとのことで、「これではいけませんよねー」と危惧されていたので、ぜひにとも改善されることを願います。

スポンサードリンク

関連記事→妊娠初期と後期の引っ越しで気をつけることは?

 

母子手帳はどうする?

次に、母子手帳自体は変更されることはなく、それまで使用していたものを継続して使用旨を説明されました。

自治体によって母子手帳も違うものを使用しているので、健診等で母子手帳を提出する際には一目で自分のものがわかるという利点もありますが、記入欄を探す保健師さんは多少手こずっている場面を何度かお見かけしたので、なんだか申し訳ない気分になりました。

手続き自体は簡単なもので、30分程で終わりましたが、産後すぐでの引っ越しでしたので、首も座っていない赤ちゃんを授乳の合間に連れて行くというのが一番大変だったように記憶しています。

可能であれば夫婦揃って、もしくは、あやしてくれる方と一緒に行くとスムーズに手続きが終わるように思いました。

ちなみに、引越し会社を使いたい場合は、一括で無料で見積もりの出せる比較サイトもありますよ。

とても便利なので、興味のある方はどうぞ。

お勧め関連動画

関連記事→妊娠中に引っ越し、病院の変更はどうする?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る