子供のシラミ症状や予防法は?シラミ卵の駆除方法は?

 

子どもが普段より頭をかいていたら、それはシラミが発症しているかもしれません。

今の時代にシラミなんてあるの?

と思われますが、シラミの発症数は意外と増えているんです。

そこで子供のシラミ症状や予防法そしてシラミ卵の駆除方法を私の体験からお話しますね。

スポンサードリンク

関連記事→子供が花粉症に?どんな症状が出る?

 

シラミの卵の駆除方法

専用のスミスリンシャンプーや梳き櫛(すきぐし)を使う方法があります。

スミスリンシャンプーはシャンプーするように頭髪や体毛に泡立てて5分待ちます。

キャップが計量器になっているので使用量が簡単に測ることができてよいです。

頭髪に固着した卵や卵の殻は、スミスリンシャンプーでは落ちませんので添付けの専用のくしで漉き取るすきとる)ことになります。

すきぐしはほかにも専用のものが売っているのでそれを購入するのもいいと思います。

私は初めての事なので娘のシラミをフケと間違えて発見が遅れてしまいました。

卵がかなり増えた状態でしたのでネットでニットフリーコームというくしを見つけてそれを使いました。

こちらは乾いた髪にも使えますが濡らした紙のほうが使いやすいと思います。

関連記事→子供が便秘気味!どうやって解消する?マッサージは?

 

ニットコームは実物をみるとわかりますが歯にシラミを絡めるための溝が入っているのでくせが強かったり、多い、太い、長めのお子さんは絡まったりして使いづらい場合があるので良くチェックして購入されるといいですね。

コンディショナーをつけて行うのも良い方法だと思います。

髪が滑りやすくなりますし、髪を痛めにくく、お子さんの痛みも減らすことができます。

卵や、成虫もよく取れると思います。

スポンサードリンク

シラミやシラミの卵の駆除は大人にとっても子供にとっても憂うつなものです。

我が家もそうでした。

でも子供の髪をゆっくり手入れする時間がおかげで得ることができました。

小学生になって私も下の子が生まれバタバタと忙しいときに娘の頭はいつしか自分で洗わせていました。

娘は髪も長かったし、まだ低学年でしたのでなかなか上手に洗えなかったと思います。

今回のことがあって久しぶりに娘とゆっくりお風呂に入り、専用シャンプーとすきくしでシラミの駆除をする時間は親子でゆっくりと話す時間にもなりました。

1週間くらいたって娘の頭からはシラミやシラミの卵はなくなりました。

駆除している期間は娘の使ったシーツやまくらカバー、タオルなどもすべて洗う必要がありました。

それもお母さんたちにはとても大変な負担だと思います。

わたしもこれに懲りて予防していこうとおもいました。

関連記事→SNSに子供の写真を載せるのってどう?気をつけることは?

 

シラミの予防

きちんとシャンプーすることです。

娘も毎日洗っていましたがやはり小さな子では十分あらえていないことがおおいですね。

小さいうちは大人が洗ってあげるといいと思います。

そしてほかのお子さんからうつされることも多いです。

娘はおそらくこれでアタマジラミになりました。

学校から流行っているというお知らせは頂いていたのですがまさか娘がなるとは思っていなかったので、娘にきちんと説明しなかったことを悔やみました。

アタマジラミが流行っている時期、誰が持っているかわかりませんがお友達とあまり頭を近づけないこと。

帽子やタオルなどの貸し借りをしないこと。

これをしっかり教えておくと良いと思います。

お子様の好みにもよりますが髪を短く切るのも良いと思います。

髪も洗いやすいですし、もしアタマジラミになってしまっても駆除するときも楽です。

お勧め関連動画


関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る