マタニティスイミングって何?妊婦はプールにいつからいつまで入れる?

 

女性が妊娠すると、母子の安全のために運動を制限することも多いと思います。

そうすると今度は運動不足などが懸念されてしまいますよね。

そこで最近はプールを使った「マタニティースイミング」という物が流行っているそうです。

その特徴や注意点について調べてみました。

スポンサードリンク

関連記事→夏生まれの出産準備品はこれ!リストも紹介

 

マタニティスイミングとは

あまり激しい運動をすると母親が怪我をすることもありますし、お腹の中の赤ちゃんにも影響があるかもしれません。

だからと言って、寝たきりでは血行不良になったり、体力が低下したりと良いことはありません。

それを解消するためにヨガなどを取り入れる事もありますが、体への負担の少ない水泳にも高い注目が集まっています。

泳ぐのが苦手な人でもウォーキングなどのメニューもあり、大きくなったお腹の負担を減らしつつ運動ができるので、妊婦さんに推奨されているようです。

お腹がまだそこまで出てない時にはヨガなどを、少し動くのがしんどくなったらスイミングに切り替えたりすると良いそうですよ。

マタニティースイミングを始める前には、助産師や看護職員のサポートがあって、健康状態も管理してくれるようです。

内容としては、普通に泳いだり、歩いたり、若しくはエクササイズのような軽い運動などを行います。

他にも「浮いているだけ」などというもものあり、運動をするだけではなく、リラックスや、気分転換、更に出産に必要な呼吸法を学んだりと色々とするようです。

注意点としては、切迫早産などの危険性や、合併症などもあるので、担当医師の許可を得る必要がある事です。

それと、水中に入るので、体の冷えにも気を付けてください。

関連記事→夏生まれの赤ちゃんのロンパース肌着のお勧めは?

 

病院などで行う場合はある程度管理されていますが、それ以外の施設だと、水温や、水から出た後の外気の冷えなどで、想像以上に身が冷えることもあります。

できれば温水プールを利用をお勧めします。

それと暖かい飲み物や、羽織る物などをすぐに用意できる環境もあれば良いですね。

他にも、プールサイドは転倒しやすいので、足元も要注意です。

施設選びで言えば、混雑するような場所も避けるべきでしょう。

他人にも迷惑をかけますし、自身にも危険が迫る場合もあります。

落ち着いてできる場所を探してください。

スポンサードリンク

関連記事→妊娠中の引越し、ストレスを軽減するには?

 

プールにいつからいつまで入れる?

多くの場合、正常妊娠で、14~16週目の安定期を過ぎれば開始できるそうです。

いつまでとは特に決まりはなく、出産直前まで動くことができるなら続行可能ですが、臨月になるといつ破水してもおかしくない状況なので、気を付けないといけません。

普段の生活であればすぐ気付くと思いますが、水中では分かりにくくなるので、臨月に入ったら控えた方が無難とは言われています。

大切な赤ちゃんを授かるために頑張っているお母さんたち。

あともうひと踏ん張りで子供と対面できるのだから、無理をせず、自分に合ったマタニティーライフを送ってほしいです。

その中の一つとして、マタニティースイミングという物をしてみては如何でしょうか。

ヨガなどよりもゆっくりとした時間もあるので「ママ友」ができたり、「先輩」たちからのアドバイスなども貰えるかもしれませんよ。

関連記事→妊婦の花粉症で咳が出た!どういう対策をする?

お勧め関連動画

関連記事→男の子の赤ちゃんの名前、夏に関するもの97選!

関連記事→女の子の赤ちゃんの名前、夏に関するもの99選!

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る