赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

妊娠、出産を経て大切な我が子との生活がスタートといった方も多いのではないでしょうか。

かわいい赤ちゃんを見ていると、本当に気持ちが癒されますよね。

生まれて間もない赤ちゃんは、まだまださまざまなことに関しての抵抗力が身についていないために大人がしっかりと気をつけてあげなければいけません。

特に赤ちゃんとのはじめての夏を過ごすといった場合には、気をつけたいポイントがたくさんあります。

では、具体的にどのうようなことに気をつけたら良いのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

 

最初に気をつけたいポイントが外出時

夏になると気温がとても高くなります。

赤ちゃんはとても汗っかきなので、紫外線対策だからといって肌がかくれるものを身に付けていては大量の汗をかいてしまいます。

紫外線対策ももちろんですが、赤ちゃんが少しでも過ごしやすいように通気性の良いものを着てお出かけするようにしましょう。

また暑い夏場は、汗をかきやすいために脱水症状になりやすくなります。

脱水症状にならないためにも、こまめな水分補給がとても大事です。

お出かけの際には、水分補給がしっかりと行えるように少しのお出かけにも飲み物を持ってお出かけするようにしましょう。

汗っかきの赤ちゃんのためのタオルなども忘れずに持ってお出かけしましょう。

関連記事→赤ちゃんの花粉症、予防法と対策が知りたい!

 

気をつけたいポイントお部屋での生活

夏は暑いので、どうしてもエアコンを欠かすことができません。

お部屋でエアコンを使用する際には、赤ちゃんに直接エアコンの風が当たらないように赤ちゃんがいつもいるスペースを工夫してあげましょう。

赤ちゃんに直接エアコンの風がいってしまうことによって、赤ちゃんが風邪を引きやすいといった原因になってしまいます。

またエアコンで少し肌寒いかもと感じる場合には、大きめのタオルブランケットを利用してエアコンの冷えから赤ちゃんを守ってあげましょう。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃん布団のダニ対策が知りたい!予防法はある?

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケート

赤ちゃんがより快適にお部屋での生活を過ごすことができるように、エアコンを使用する夏場の赤ちゃんの身の回りの環境を整えてあげることが大切です。

夜寝る時も、エアコンを付けっぱなしといった場合も多くあると思います。

こういった場合にも赤ちゃんの布団をかけすぎず、薄すぎないように布団で調整してあげましょう。

大人でも寝苦しく感じる夏には、赤ちゃんの布団もしっかりと選んであげたいものです。

夏は気温が暑くなる一方で、楽しいこともたくさんあります。

夏場に体調を壊してしまい、せっかくの楽しい夏を過ごせなかったとなると本当にもったいないですよね。

こういったことにならないためにも、夏場の自分自身の体調を管理するとともにそれ以上にデリケートな赤ちゃんがより過ごしやすい工夫をしてあげることが本当に大切になってきます。

親子で素敵な夏を過ごすことができるように、気をつけたいポイントをおさえて快適な生活を送ってみてくださいね。

関連記事→乳児湿疹の原因って何?どうやって対策したらいいの?

お勧め関連動画

関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る