赤ちゃんの夏風邪の予防法は?原因はどんなもの?

 

赤ちゃんが生まれ、始めての夏を過ごすといった方も多いのではないでしょうか。

慣れない育児の中で始めての夏を過ごすとなると、分からないこともたくさんあります。

こういった中で、夏場に多く赤ちゃんがかかってしまう病気の代表が風邪です。

夏風邪とも呼ばれていて、この夏風邪は長引くとも言われています。

夏風邪が長引いてしまい、せっかくの楽しい夏が台無しにならないようにするためにも夏風邪の原因と予防対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

 

夏風邪の予防法

まず始めに夏場は、外出時には外がものすごく暑く、大人でも汗がだらだらと流れてきます。

大人でも汗が出るので、汗っかきの赤ちゃんはもっと汗が出てしまいます。

汗をかいた状態で、赤ちゃんがエアコンの効いた涼しいお部屋の中へ入って行くとその汗によって体が急に冷やされるために風邪を引きやすくなってしまいます。

外出時やお部屋に入る際には、汗をしっかりと拭き、できれば着替えをすることをおすすめします。

着替えをすることで、汗で体が冷えることがなくなるので夏風邪を未然に防ぐことができます。

関連記事→赤ちゃんの花粉症、予防法と対策が知りたい!

 

夏の暑い季節には、お出かけをする際には着替えを一枚持っておくと安心してお出かけを楽しむことができます。

夏場には、お部屋を過ごしやすくするためにエアコンが欠かせませんよね。

このお部屋を快適に過ごすことができるエアコンですが、直接風が当たることで風邪を引きやすくなってしまいます。

赤ちゃんはまだまだ抵抗力が弱く、お肌もデリケートなので直接エアコンの風が当たることで肌の乾燥やのどや鼻の乾燥を引き起こします。

乾燥とともに直接風が赤ちゃんに当たってしまうと、風によって冷えが生じるために夏風邪になりやすくなります。

夏場はエアコンが欠かせない反面、エアコンの使い方によって風邪を引きやすくなってしまうので使用する際には十分に気をつけましょう。

タオルやブランケットをうまく使用することをおすすめします。

またエアコンの風から赤ちゃんを守るためにも、赤ちゃんの環境作りがとても大切になってきます。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃん布団のダニ対策が知りたい!予防法はある?

 

夏風邪の原因

夜寝て過ごしている間も、夏風邪を引き起こしてしまう原因がたくさんあります。

夏の暑い季節には、夜もなかなか気温が下がらずに熱帯夜になることも多くあります。

こうした熱帯夜のときには、夜寝ている間に大量の汗をかいてしまうといった場合があります。

夜寝るときには、気温に合わせて布団を工夫することがとても大切です。

またエアコンを夜寝ているときにも付けっぱなしといった場合にも、エアコンで赤ちゃんが冷えないようにしっかりと布団を調整してあげましょう。

夏風邪を引いてしまうと、ただでさえ暑く体力を奪われてしまう夏がとても大変になってしまいます。

夏風邪を引くことで食欲が落ちてしまい、夏バテになってしまうといったことも考えられます。

体力を必要とする夏を健康的に過ごすためにも、ちょっとした心掛けが夏を健康的に過ごすことができるカギになるのではないでしょうか。

関連記事→乳児湿疹の原因って何?どうやって対策したらいいの?

お勧め関連動画

関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る