赤ちゃんの麦茶、いつからあげる?飲ませ方や作り方も知りたい!

 

母乳やミルクから水分補給をする赤ちゃんですが、それ以外のもので、水分補給として推奨されているのが麦茶です。

麦茶は、基本的にはカフェインが含まれていないので、安心して赤ちゃんに飲ませることができます。

また、夏場の暑い時期に心配される脱水や熱中症ですが、麦茶には体を冷やす効果があるので、夏場にはぴったりですし、水分補給にも適しています。

また、歯が生えてくると心配なのが虫歯ですが、なんと、虫歯予防にも効果があるのです。

虫歯菌の原因と言われているミュータンス菌を、活動しにくくする働きが麦茶には含まれています。

このように、麦茶には赤ちゃんにとって最も身近で飲ませやすい飲料だと言えます。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんに果汁はいつからあげていい?作り方はどうする?

 

いつ頃から飲ませればいいのか

実はいつから飲ませればいい。

という決定的な時期はないそうです。

基本的には、赤ちゃんは母乳やミルクで水分補給ができます。

しかし、やはりきちんと水分補給されているか心配になります。

特に、夏場の暑い時期だとたくさん汗をかきますから、水分足りているのか?

と心配になる方が多いと思います。

市販のベビー用麦茶だと1ヶ月から飲めるものが多く販売されています。

なので、水分補給をするなら1ヶ月からだったら、赤ちゃんの様子を見ながら飲ませてみてもいいと思います。

1番適していると言われているのは、離乳食が始まる前の5ヶ月、6ヶ月頃からスタートさせるのがベストのようです。

関連記事→赤ちゃんのダニ刺され跡や症状は?対処法はある?

 

あげ方について

母乳やミルクで水分補給していた赤ちゃんにとって、いきなり麦茶をあげてしまうと、嫌がる赤ちゃんが多いそうです。

大人にとっては、飲みやすい麦茶ですが、赤ちゃんにとっては匂い、苦味など、味の変化に戸惑ってしまうのです。

なので、基本的には市販のベビー用麦茶を与えるのが、1番手軽で安心です。

最初はベビー用スプーンなどで1杯、様子を見て2杯、3杯と少しずつ量を増やしていくようにすると、赤ちゃんもだんだんと麦茶の味に慣れていきます。

もし、ベビー用麦茶を嫌がるようでしたら、湯冷ましでベビー用麦茶を更に薄めてみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

慣れてきたら、大人用麦茶を薄めてあげると良いです。

この時の注意としては、麦茶は基本的に水出しができるものがほとんどですが、必ず水出しではなく、煮出しの麦茶にして下さい。

冷ましてから、味の調整をして飲ませます。

なぜなら、美味しく簡単にできる麦茶ですが、腐りやすいというデメリットがあるからです。

赤ちゃんが食中毒にならないためにも、毎日新しく作った麦茶を飲ませることをおすすめします。

赤ちゃんは、大人が思う以上に味覚にとても敏感です。

母乳やミルクとの味とは全く違う麦茶に、最初は抵抗してしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんは汗をかきやすく、言葉を発することが出来ないため、水分補給がきちんとされているか心配になるお母さんやお父さんが多いと思います。

そんなとき、麦茶は安心して赤ちゃんに飲ませることができる飲料ですので、無理しないで赤ちゃんの様子を見て、麦茶を与えてみてはいかがでしょうか。

関連記事→乳児湿疹とアトピーの違いって何?どうやって対処すればいい?

お勧め関連動画

関連記事→赤ちゃんのよだれで肌がかぶれちゃった!どうすればいい?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る