赤ちゃんに水はあげていい?夏の水分補給はどうする?

 

人が生きていくためには水はかかせないものです。

特に小さい子にとって水分が足りなくなってしまうと、脱水になってしまうので水分補給はかかせないものです。

水分は水だけでなく、食べ物からもとることができますが、産まれたばかりの赤ちゃんはまだ食べ物を食べることができないです。

そのため、母乳やミルクで水分を補給することになります。

しかし、母乳やミルクだけでは水分が足りているのか心配になってしまいます。

そこで赤ちゃんに水をあげていいのか夏になると水分補給はどうしたらいいのかお話ししますね。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの日焼け止めはいつから?つけ方や落とし方が知りたい!

 

赤ちゃんの水分補給

昔はお風呂あがりなど1度沸かしたお湯を冷ました白湯を飲ませていましたが、今は母乳やミルクだけで水分補給は十分にできると言われています。

冬場は、母乳やミルクだけで水分補給が十分にできますが、夏場は母乳やミルクだけでは水分を十分にとることはできないです。

そのため、水を飲ませた方がいいです。

水を飲ませるときの注意としては、1度沸かしたお湯を冷ましてから飲ませることです。

普通の水道水にはカルキが含まれているため赤ちゃんがそのまま飲むにはよくないです。

そのため、1度沸かしてカルキを抜いたものを冷ました白湯をあげます。

1回にあげる量は月齢にもよりますが、だいたい30ミリ前後を外出後やお風呂あがりなどにあげます。

あまり、水ばかり沢山あげすぎてしまうと、母乳やミルクを飲まなくなってしまうので、支障が出ない程度にあげるようにします。

水分が足りているかどうかの判断としては、排泄の回数が減っていないかとおしっこの色が濃くなっていないかということが水分が足りているかどうかの判断基準になります。

排泄の回数が少なかったり、おしっこの色が濃くなっているときは水分が足りていないということなので、水を飲ませてあげるようにします。

大人はのどが渇くと言葉に出していうことができますが、まだ言葉を喋れない赤ちゃんにとっては大人が気づいてあげることが大切です。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

 

赤ちゃんの水分補給

赤ちゃんの水分補給として白湯以外に麦茶やウォーターサーバーの水も大丈夫です。

麦茶はベビー用のカフェインが入っていないお茶や大人用でもカフェインが入っていなければ薄めてあげることも大丈夫です。

また、ウォーターサーバーの水は冷たすぎるとお腹を壊してしまうので人肌にしたものを赤ちゃんに飲ませるようにします。

昔の人はお風呂あがりなどは必ず白湯を飲ませるようにと言う人もいますが、夏場や赤ちゃんがのどが渇いていそうな時以外は白湯を飲ませなくても母乳やミルクだけで大丈夫です。

のどが渇いていそうな時は、母乳やミルクをたっぷり飲んだ後でも、口をパクパクさせて欲しそうにしていたり唇が渇いているときです。

そのかわり、夏場はいつもより水分は必要になってくるので、日中も水分を補給することが大切です。

まだ言葉を十分に話せない赤ちゃんなので大人がしっかり水分管理をしてあげて、赤ちゃんにとって安全で美味しい水を飲ませてあげることが大切です。

そして、赤ちゃんのためにできるだけカルキやカフェインは取り除いたものを飲ませてあげることが赤ちゃんの成長のためにいいです。

関連記事→赤ちゃんのポンチョは夏も冬もお勧め!抱っこ紐やベビーカーではどう使う?

お勧め関連動画

関連記事→赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る