赤ちゃんの夏風邪、熱の時の対処法は?38度超えたらどうする?

 

風邪は寒い季節にばかりひくものではありません。

特に抵抗力の低い赤ちゃんや子供というのは夏風邪をひきやすく、また一度ひいてしまうと治りも遅かったりと、親としてはかなり心配してしまうものです。

そこでこの記事では、赤ちゃんの夏風邪で熱が出たときの対処法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの夏風邪の症状は?種類はどんなものがある?

 

赤ちゃんの夏風邪の原因

まずはエアコンの温度が低すぎる、室内と室外の温度差が大きくて体温調節がうまくできない、暑さのために食欲不振になり免疫力が低下する(つまり夏バテですね)…などの理由が挙げられます。

また、インフルエンザなどと同様にウイルスによる風邪もあります。

代表的なものはアデノウィルスによるプール熱、コクサッキーウイルスによるヘルパンギーナ、エンテロウイルスによる手足口病がありますね。

そして、夏風邪の特徴として、せきなどの症状よりも下痢などの消化器官に現れる症状が多いこと、急に30度後半から40度ほどの高熱を出すことが多い、ということが挙げられます。

急に高熱を出してしまうと、親としては動揺してパニックになってしまいかねませんね。

すぐに救急に連れていくべきなの?

夜間や休日の際は?

と迷ってしまうこともあるかもしれません。

ただ、必ずしも高熱イコール危険、という訳ではないのです。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの夏風邪・ヘルパンギーナの症状は?原因や予防法も紹介!

 

熱の時の対処法

例え40度近い熱が出ていても、水分が取れていて元気であれば、とりあえず冷やしながら様子を見て、病院に連れて行くのは翌日でも特に問題はないでしょう。

ただ、その際に「熱以外の症状が出ている」場合は要注意です。

例えば、意識がもうろうとしていたり反応しない、痙攣している、水分を取らない、何度も嘔吐する…などの症状が出た場合はすぐに救急に連れていくようにしましょう。

大事なのは、いつも赤ちゃんと一緒にいるお母さんが「普段の状態と比べてどう違うか」というのをしっかりと見極めることです。

また、赤ちゃんが熱を出したらすぐに解熱剤を使うという人もいるかもしれません。

ただ、解熱剤というのはあくまで熱を一時的に下げて楽にさせるために使うものであって、根本的に風邪を治すわけではありません。

頻繁に使っていると逆に治りが遅くなってしまうこともありますので、注意が必要です。

小児科などでは解熱剤の使用の目安を38度~39度程度以上あったら、と指導される場合が多いかもしれませんが、熱があっても赤ちゃんが元気だったり辛そうでなければ無理に使う必要はありません。

子供というのは実は大人よりも熱に強いもの。

首やわきの下、脚の付け根などの太い血管があるところを保冷剤で冷やしながら休ませてあげるだけでも十分です。

また、食欲がある場合はおかゆや柔らかく煮たうどんにゅうめんなどをあげると良いでしょう。

万一食欲がない場合でも必ず水分補給はするようにしましょう。

脱水症状が起きてしまうと危険です。

もし飲むのであれば水でも良いですし、それ以外にもスポーツドリンクやイオン飲料でも構いません。

いずれにしても、水分は十分に飲ませるようにして下さい。

関連記事→赤ちゃんが夏風邪で咳が止まらない!原因や対処法は?

お勧め関連動画

関連記事→赤ちゃんの夏風邪の予防法は?原因はどんなもの?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る