妊婦の海やプールの注意点は?妊娠初期でも入れる?

 

妊娠をしていても、海やプールに誘われたら行きたいですよね。

でも、赤ちゃんが1番大切な事には変わりありません。

今日は妊婦さんが海やプールに入るときの注意点と時期についてお話しますね。

スポンサードリンク

関連記事→夏生まれの出産準備品はこれ!リストも紹介

 

注意点と時期

妊娠中にプールに入りたくなっても、安定期になるまで待ちましょう。

また、安定期になっていたとしてもきちんと医師の判断を仰ぎましょう。

安定期に入っていたとしても、妊娠中の体を冷やすことには変わりなく、また細菌などからの感染の恐れもあります。

妊娠初期は、体も心も安定していないので、入ることは絶対によくありません。

最悪の場合 流産 の恐れもあるほど、危険です。

マタニティプールなどが利用できるのは、妊娠16週以降であること。

 

医師の許可があること

そして、妊娠高血圧症などの、病気ではないことが大前提です。

また、妊娠後期は早産の恐れも出てくるので、妊娠後期もプールや海などには入らないようにしましょう。

基本的に、妊娠中のプールや海の入浴はこの時期なら大丈夫!という時期はありません。

この時期は、ダメです。

という時期は、妊娠初期や後期などといってあるのですが、入っていいですよという時期はないのです。

安定期なら、医師の判断次第では入れるかもしれない程度の認識で間違いありません。

入る時の注意点としては、水の中には菌やウィルスなど蔓延しています。

妊娠中は抵抗力が落ちているのと、かかった際に薬が飲めないので要注意です。

スポンサードリンク

関連記事→マタニティスイミングって何?妊婦はプールにいつからいつまで入れる?

 

水温と紫外線対策

冷たい水の中に長時間いるもお腹が張ってくるので気をつけましょう。

入ったとしても長時間の入浴は厳禁です。

水からあがったあとは、すぐに水分をふくなどして、体は、絶対に冷やしてはだめです。

次に紫外線対策をしっかりしましょう。

プールや海に入らなければいいというわけではありません。

紫外線を強く浴びると、それだけで体は疲れます。

また、免疫力や体力が下がっている妊娠中に、紫外線を強く浴びるのはいけません。

妊娠中でも使える刺激の弱いタイプの日焼け止めを使い、また1時間から2時間置きに塗り直して、日焼け止め対策をしてください。

妊娠中ほ、色素沈着もおきやすいので、シミの原因にもなります。

水着も、妊婦専用の水着を購入しましょう。

まだ、あまりお腹も出てないし大丈夫と、普段から使っている水着を着ると、どうしても、お腹周りの締め付けがきついので、よくありません。

ぜひ、この機会にマタニティ水着の購入をしてくださいね。

最後に入る時は自分の体調と相談してくださいね。

関連記事→男の子の赤ちゃんの名前、夏に関するもの97選!

 

今日はマタニティプールの日

今日は友達とプールの約束をしていたし…など、お母さんの都合を赤ちゃんは知りません。

体調の良くない日に無理してはいると、お腹のはりや、細菌や、ウィルスによる感染で、お腹の赤ちゃんに負担をかけてしまいます。

体調のいい、寒くない時に入りましょう。

妊娠中でも、体を動かしたくなる日はありますよね。

夏になると、海やプールに行きたくなるのも人の心。

でも、妊娠中の期間は短いものであっという間に過ぎていきます。

赤ちゃんと2人きりの妊娠生活を楽しむためにも、きちんと理解をして、楽しみましょう。

関連記事→女の子の赤ちゃんの名前、夏に関するもの99選!

お勧め関連動画

関連記事→夏生まれの赤ちゃんのロンパース肌着のお勧めは?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る