子供の熱中症予防法はどうする?処置も説明!

 

夏がやってくると熱中症に気をつけなければなりません。

暑い暑いと言いながら熱中症に気づかないのが現実です。

特に子供は汗をびっしょりかいて遊んでいます。

今日は子供の熱中症予防法と処置を説明しますね。

スポンサードリンク

関連記事→子供の夏風邪の症状は?対処法は原因はどんなもの?

 

熱中症とは

体温を正常な値に保とうとする機能が低下してしてしまって、汗がとまってしまい、体温が40℃を超えてそのままでは死に至る極めて緊急性の高い状態を指します。

このような症状が現れるのは運動中や外にいる時ではなく、家にいる時や寝ている時でも熱中症にもなります。

特に熱中症に子供はなりやすいので気をつけなければなりません。

大人より子供は、体温調節機能が未発達なので汗をかく機能が未熟で体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。

子供は自分の変化に気が付かないことがありますし乳幼児特に自分での体調をアピールすることが出来なきので大人がどれだけ注意深く見るかが最大の子供の熱中症の対策になります。

陽射しが暑いなど熱中症になりやすい日などは子供の様子を小まめに見ることが大切です。

顔が赤く、ひどく汗をかいている場合は、涼しい場所で十分な休息を取らせましょう。

関連記事→赤ちゃんの夏風邪・ヘルパンギーナの症状は?原因や予防法も紹介!

 

子どもは照り返しの影響を受けやすい

子どもは大人よりも身長が低いので地面から照り返しの影響を強く受けているのです。

大人の顔の高さで32度の時、子どもの顔の高さでは35度くらいあります。

なので大人の自分がそんなに熱くなくても子供はもっと熱く感じていることを意識しておきましょう。

乳幼児などベビーカーを使う子供の場合は地面からの位置が高いものを使ったりすると、照り返しの影響を受けにくくなります。

出かける前には服装にも気を付けることです、涼しい服を着せるようにしましょう。

暑いからと言ってタンクトップなどの露出度が広いものが良いとは限りません。

直接肌に太陽光が当たると熱を吸収しやすくなるのでタンクトップの上に一枚シャツを着るなどの対策や暑さに応じて脱ぎ着するようしつけましょう。

日頃から暑さに慣れさせることも大切です。

暑いからと言っていつもエアコンの効いた部屋にいて汗をかかずにいると暑さに弱くなります。

本格的に熱くなる前などから適度に運動させ、暑さに強い体を作りましょう。

そうすることで体力もつき運動などをしても熱中症になりにくくなります。

特にスポーツをしている子供は日頃から運動はしていますが、逆に体力があると思い無理し過ぎることがあります。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

熱中症予防

スポーツ時の水分補給には、塩分や糖分を含む飲料がお勧めです。

それに観戦や応援中など身体は動かしていないからと油断は禁物です。

スポーツ観戦時に大声で叫んだり、長時間立ったままだったりすると、熱中症にかかりやすくなります。

応援に熱くなっても、興奮して体温が上がりすぎないよう、クールダウンや水分補給に気をつけましょう。

熱中症対策には睡眠をとることも欠かせません。

通気性や吸水性の良い寝具をつかったり、エアコンや扇風機を適度に使って睡眠環境を整え、寝ている間の熱中症を防ぐと同時に、日々ぐっすりと眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。

体力をつけることも大事と言いましたがそのもととなる栄養も沢山とらなければなりません。

なのでバランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体をつくりましょう。

体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

関連記事→赤ちゃんの夏風邪の症状は?種類はどんなものがある?

お勧め関連動画

関連記事→赤ちゃんの夏風邪、熱の時の対処法は?38度超えたらどうする?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る