子供が熱中症で熱が出た?対策や症状はどんなもの?

 

夏がやってくるとニュースで熱中症の話を聞きます。

子供は元気に外で遊んで熱中症にはなかなか気づきません。

子供が熱中症で熱が出た時の対策や症状についてお話しします。

スポンサードリンク

関連記事→子供の熱中症予防法はどうする?処置も説明!

 

子供が熱中症で熱を出す場合

家の中であったり、車の中、外出時などいろいろな場所で考えられます。

時間帯も決まっていません。

体の水分が気が付かないうちに蒸発し、体温調節が出えきなくて体が暑くなってしまうからです。

赤ちゃんや小さな子は、説明できないのでしっかり見守りたいものです。

特に暑い時には、大人以上に子供は汗っかきです。

汗がダラダラでます。

シャワーを浴びたように髪の毛までびっしょりになる子もいますそのため、喉が渇き、子供も水分を欲しがります。

しかし、じわっと汗ばむ季節は、それほど喉は渇きません。

気が付かないうちに汗をかいて、どんどん水分は蒸発しています。

そして、体の水分量が一定ラインを超えた時に、熱が出ます。

水分が足らないので、汗が出なくて体の温度がどんどん上がってしまうのです。

さっきまで元気だった子が、突然高熱を出しぐったりしたときには、熱中症が疑われます。

関連記事→赤ちゃんのおむつかぶれの対策はどうしたらいい?薬使用なしの方法も!

 

熱中症で熱を出した時の対策

慌てずまず体を冷やしてあげましょう。

子供が嫌がらなけれは、耳の後ろを冷やしてあげると、気持ちよくなり体温が下がりやすくなります。

外出時は、木陰に入ったり風が通る場所に移動して体を休めます。

部屋の中や車の中は、冷房を使って室内の温度を下げます。

水分補給も大切です。

しかし、熱があるということは、気分もすぐれません。

一度にたくさんの水分を飲ませると、吐いてしまい余計に脱水が進んでしまいます。

一口ずつ、様子を見ながら飲ませていきます。

水分は、水よりも体に吸収されやすいものが理想です。

ドラッグストアなどでも購入できる経口補水液やスポーツドリンクには、塩分が含まれています。

体の濃度に近いので、吸収されやすく、熱中症の改善が早まります。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

医療機関に受診

しかし、なかなか良くならない時や、意識がもうろうとしているときは、すぐに医療機関に受診してください。

病院での適切な処置が必要になってきます。

子供はひどくなるのも早いのですが、治りも早いです。

心配な時には、小児科が開いている時間であればすぐに病院へ行きましょう。

夜間や休日であれば、救急病院で問い合わせをするという方法もあります。

病院へ行くべきかどうかを相談することができます。

熱中症は、熱を出す以外に下痢をするという症状もあります。

熱と下痢や下痢が重なると、脱水症状であると診断され、点滴を行います。

熱中症は、点滴を行うと体が楽になります。

水分が吸収できるので、点滴が終わる頃には熱は下がります。

熱だけの症状でも、熱中症と診断されれば、点滴を行ってもらえます。

関連記事→子供が脱水症状?下痢や吐き気の対処法や原因を紹介!

 

熱中症の対策

しっかりと水分を取ることです。

こまめに水分補給を行います。

気温の変化に気をつけて、普段から体力をつけておくことも大切です。

プールは水の中だから大丈夫だと考えるのは危険です。

遊んでいるうちに、たくさん水分が蒸発しているからです。

夏場はもちろん、春や秋も涼しいからと油断しないで、しっかりと水分補給を行いながら、楽しく遊びましょう。

関連記事→赤ちゃんの花粉症、予防法と対策が知りたい!

お勧め関連動画

関連記事→子供の夏風邪の症状は?対処法は原因はどんなもの?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る