赤ちゃんが脱水症状?症状や対処法を説明!

 

みなさんは、赤ちゃんの脱水症状について、正しい知識をお持ちでしょうか?

特に、はじめての子育てで、不安を感じているお母さんなどは、これから、暑い季節になるので、心配しているかたも多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは、赤ちゃんの脱水症状についての、見分け方や、対処方法について、お話ししたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→子供の熱中症予防法はどうする?処置も説明!

 

見分け方と対処方法

まず、大人は、喉が乾いたなと思ったら、自分で水分をとればよいですよね?

特に、夏場の水分補給には、イオン飲料などが最適ですね。

しかし、赤ちゃんは、自分では、言葉もはっせないし、それを伝えることもできませんよね?

ましてや、自分で、飲むこともできません。

お母さん、まわりの大人が気づいてあげなければ、どうにもならないのです。

赤ちゃんの、水分補給といえば、お母さんの母乳やミルクが主ですが、それを補給しなければ、小さなからだはすぐに脱水症状をおこしてしまうのです。

大人の場合、からだの約70パーセントが水分と言われていますが、赤ちゃんの場合は、さらに多い約70~80パーセントが水分でできています。

赤ちゃんは、からだが小さいので、気温が上がると、すぐに体温も上がってしまい、脱水症状をおこしやすいのです。

そうならないためにも、こまめな着替えや、水分補給が必要ですね。

また、体調を崩すと、下痢や嘔吐をしやすく、そうすると、また、からだの中の水分が失われてしまい、脱水症状をおこしやすくなるのです。

そして、赤ちゃんの肝臓はまだ、小さいのでその水分調整に必要な機能が、なかなかうまく働けないのです。

赤ちゃんの、体調管理には十分に気を付けましょう。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

赤ちゃんの脱水症状でよくみられる症状

まず、赤ちゃんの見た目の症状では、唇や肌が乾燥していたり、顔が赤くて熱っぽい感じがあるなどです。

また、不機嫌な感じや、すぐに泣いたり、かんしゃくをおこしたりするこもあるようです。

つぎに、からだの中のことに関しては、おしっこの量がいつもより、少なかったり、便秘がちになったり、ウンチがいつもより、固かったりします。

また、その脱水症状の症状が進んでしまうと、顔が青ざめてきたり、目がぼーっとする、意識がしっかりとしていない、などの症状があらわれます。

こうなってしまうと、家では対処できる範囲ではなくなってしまうので、水分補給をして、すぐに、かかりつけの小児科を受診し、適切な処置をしてもらいましょう。

水分補給も、一度にたくさんの量をあげてしまうと、吐いてしまう可能性があるので、少しずつあげましょう。

病院では、点滴などの処置をしてくれると思うので、帰ってきてからは、こまめな水分補給をし、安静にしてあげましょう。

赤ちゃんの、小さなからだは体調をくずしやすいです。

お母さんや、まわりの人が注意してあげましょう。

もし、体調をくずした場合はあぜらずに、落ち着いて、すぐに病院に連れていってあげましょう。

関連記事→赤ちゃんの花粉症、予防法と対策が知りたい!

お勧め関連動画

関連記事→子供の夏風邪の症状は?対処法は原因はどんなもの?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る