赤ちゃんの熱中症対策は?予防法や処置を紹介!

 

夏場などの暑い季節になると気を付けなくてはいけないのが熱中症です。

熱中症は症状によっては深刻になるケースも少なくありません。

特に体の小さい乳幼児は体力的にも抵抗力が弱いため熱中症になってしまった場合には適切な処置が必要です。

今回は赤ちゃんの熱中症の対策や予防法についてご紹介します。

スポンサードリンク

関連記事→子供が脱水症状?下痢や吐き気の対処法や原因を紹介!

 

涼しい場所に移して体温を下げる

もし赤ちゃんが熱中症になってしまった場合は、すぐに涼しい場所に移動させることが大切です。

移す場所はエアコンなどの冷房が効いている部屋が好ましいですが、屋外にいるのであれば日陰でも問題はありません。

移動をさせたら血液が下がるように、頭の位置を高くする形で寝かしつけて呼吸のしやすい状況を作ることがポイントです。

この時に同時に体温を下げることも忘れてはいけません。

涼しい場所で外気の温度を下げても体内にはまだ熱がこもっているので、濡れタオルなどで熱が停滞しやすいおでこや脇の下を冷やしてあげると効率的に熱を下げることができます。

関連記事→赤ちゃんの夏風邪・ヘルパンギーナの症状は?原因や予防法も紹介!

 

熱が下がってきたら少しずつ水分補給

熱中症になった時は同時に脱水症状を引き起こすことも考えられるため、濡れタオルで体温を下げるだけでなく水分補給を行うことも大切です。

大人であれば塩分を含んだスポーツドリンクなどが一般的ですが、赤ちゃんの場合は母乳やミルクといった赤ちゃんが飲める物に限定する方が望ましいと言えます。

この時に焦って一気に飲ませてしまうと逆に嘔吐などの原因になってしまうため、少しずつ飲ませることが重要です。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

熱中症の予防のためのこまめな水分補給を欠かさない

熱中症にならないように予防することが重要になるため、こまめな水分補給を忘れてはいけません。

暑い日に外出する時は水筒などを持参して、いつでも水分が補給できる状況を作っておくと安心です。

熱中症は屋外だけでなく、室内にいる時でも発症するケースは少なくありません。

そのため、自宅にいるからといって油断をしないことが大切です。

関連記事→赤ちゃんの夏風邪の症状は?種類はどんなものがある?

 

外出するときは直射日光を避けて日差しの照り返しに気をつける

こちらは基本的なことと言えますが、直射日光を浴びさせないことも熱中症を予防する上で必要になります。

車や徒歩での移動の時に使用するベビーカーやチャイルドシートは、日光を遮断できる日よけの付いている物を選ぶことが大切です。

日差しを直接浴びないだけでも感じる温度は低くなるため十分な予防効果を発揮してくれます。

そのほかにも頭に熱がこもらないようにするための帽子も忘れてはいけません。

赤ちゃんの中には帽子のような被り物をすることを嫌がる子もいますが、健康に必要なことなので帽子を被ることを嫌がらないようになる工夫をしてあげることがポイントになります。

最後にアスファルトの照り返しについてです。

日差しを浴びたアスファルトの照り返しは強烈で、地面に近い距離になるほど気温は高くなるので、ベビーカーで外出する時は適度な休憩を挟むことが望ましいです。

お勧め関連動画

関連記事→赤ちゃんの夏風邪、熱の時の対処法は?38度超えたらどうする?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る