子供が夏風邪で熱や咳!症状や治し方は?

 

もうすぐ夏の季節ですね。

この時期の小さなお子様は、夏風邪と言われる急激に高い熱が出る病気があります。

子供が夏風邪で熱や咳が出たときの処置の仕方とか様々な夏風邪の症状や治し方についてお話していきます。

スポンサードリンク

関連記事→子供の熱中症予防法はどうする?処置も説明!

 

ヘルパンギーナ

突然の39℃近い高熱と食欲をなくしたり、よだれを垂らすことが見られます。

喉の奥に口内炎のようなものが多発し、ひどい子は痛くて唾液も飲み込めないほどなのです。

暖かい物冷たい物などなどではなく、人肌の温度の飲み物を与えると刺激が少なく飲みやすいです。

2~3日でよくなるので、無理に固形の物を食べさせる必要はありません。

熱も高いので水分をまめに与えましょう。

解熱剤を使うことで、反動でもっと熱が上がってしまうことがあるので、解熱剤を使うときは注意しながら使いましょう。

なかには熱性けいれんを起こすことがあります。

初めてのときは救急車を呼ぶことをおすすめします。

関連記事→子供が脱水症状?下痢や吐き気の対処法や原因を紹介!

 

手足口病

ヘルパンギーナとよく似た病気です。

手足口病とは熱はほとんどでず、手足や口内に水疱性の発疹が出来ることです。

やはりこれもヘルパンギーナと同じく、よだれを垂らす子がいます。

最近ではウイルスが変化してきており、手足口病でも熱を出す子がいます。

ヘルパンギーナだと思ったら、手足に発疹が出てきたということも聞きます。

喉にもウイルスがついているので、肛門周囲にも発疹が出来ることがあります。

特効薬はないので、発疹がひどく膿んでいる場合には抗生剤が出ることもあります。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと夏はどう過ごす?布団やクーラーの使い方は?

 

もうひつとつ夏風邪といえばプール熱(咽頭結膜熱)

突然の39℃以上の高熱と、喉が赤くなり目が充血することが特徴です。

やっかいなのは、37℃から39℃の熱が上がったり下がったりを5日間くらい繰り返すのですが、特効薬はなく対処療法ということです。

目のかゆみや、目やにが出るようなら目薬をもらいましょう。

5日間の長い発熱で体力が落ちてしまうこともあるので、食べられるものを食べさせ、水分をまめに取るようにしましょう。

高熱ですが比較的、熱性けいれんを起こすことは少ないようです。

子供の三大夏風邪と言われるほどのものなので、保育園や幼稚園に通うお子さんは、流行り乗ることが多いかと思います。

関連記事→赤ちゃんのおむつかぶれの対策はどうしたらいい?薬使用なしの方法も!

 

手洗いすることが一番いいことなのですが、なかなか集団生活の中で、小さい子がまめに手洗いをするということが難しく、すぐに周りに広まってしまうんでしょうね。

『一度かかれば大丈夫』という病気ではないので、毎年かかります。

なかには同じシーズンに二度かかる子もいます。

毎年ウイルスの型が変わるので、毎年かかってしまうんですね。

それをたまたま違うウイルスが同じシーズンに発生していると、二度かかることもあり得るのです。

何度もかかるのですが、それを繰り返すことで、年齢が大きくなるにしたがって、体力がついて行くと同時に免疫力もついてくるので、かかる回数が少なくなってくるのです。

大人では、子供と同じような病気にはかかかりませんが、軽い風邪として移ることがあるので、看病している間は、きちんと自分の体のケアもしておきましょう。

関連記事→赤ちゃんの花粉症、予防法と対策が知りたい!

お勧め関連動画

関連記事→子供の夏風邪の症状は?対処法は原因はどんなもの?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る