赤ちゃんの中耳炎の症状は?治療は薬を使うの?

 

中耳炎は、赤ちゃんでもなりやすい病気のひとつです。

でも、赤ちゃんは、まだ話が出来ないため、中耳炎になっていても、訴えることができません。

そこで、お母さん、お父さんなど大人が、症状の変化に気が付いてあげる必要があります。

赤ちゃんの中耳炎の症状は、どんなものなのか、病気を悪化させないためにも、頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事→乳児湿疹とアトピーの違いって何?どうやって対処すればいい?

 

中耳炎ってどんな病気?

耳の構造は、「外耳」「中耳」「内耳」の3つの構造から成り立っています。

中耳は、鼓膜と鼓室という空洞でできています。

この中耳の空洞に、ウイルスや細菌が入り込み、炎症を起こすことを中耳炎といいます。

 

中耳炎の種類

中耳炎には、「急性中耳炎」「漏出性中耳炎」があります。

急性中耳炎は、風邪をひいたときに起こることが多く、短期間で治る場合がほとんどです。

しかし、急性中耳炎をこじらせ、普段は空洞の鼓膜の内側に、浸出液が貯まった状態が続くことを漏出性中耳炎といい、治療が長期間かかることがあります。

関連記事→子供のシラミ症状や予防法は?シラミ卵の駆除方法は?

 

赤ちゃんの中耳炎の症状は?どんな症状で気が付けばいいの?

赤ちゃんは、どこが、どんな風に痛いのか、訴えることが出来ません。

そこで、症状で見分ける必要があります。

中耳炎は、急性中耳炎の場合、発熱、強い痛み、耳だれが出るといった症状が現れます。

漏出性中耳炎の場合は、耳に水が入ったような、閉塞感、聞こえにくいという症状が出ます。

では、どんなサインで中耳炎に気が付いてあげられるでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事→子供の耳が痛い!?対処法や応急処置は?夜中ならどうする?

 

1:泣く、ぐずる

耳を触る中耳炎になると、とても耳が痛くなります。

発熱は、普通の風邪や病気でも起こりますが、耳の痛みのため、普段より良く泣き、ぐずりが長く続きます。

また、泣きながら、耳を触ることもあるので、発熱時、いつもより強く泣いて、耳を触るようなら、中耳炎を疑い、病院へ行きましょう。

 

2:耳だれが出る耳から

ドロッとした液体が出てきたら、耳だれです。

中耳で炎症を起こした浸出液が、外耳(耳の外)へ流れ出したため、耳だれがおこります。

耳だれがおこったら、中耳炎なので、すぐに病院へ行きましょう。

 

3:呼んでも反応がない

聞こえていない感じがする中耳炎は、先ほども説明した通り、空洞の中耳に炎症が起こるので、耳が聞こえにくくなります。

いつもなら、声をかければ、声のする方を見る赤ちゃんなのに反応がない場合や、反応がいつもり遅かったり、鈍かったりした場合は、漏出性の中耳炎になっている場合があります。

病院で、耳の状態を見てもらうようにしましょう。

中耳炎は、大人がなっても、とても痛く、辛い病気です。

かわいい赤ちゃんが、中耳炎にかかり、痛みのために泣く姿は、親にとっても、辛い経験になります。

早めに気がずいてあげて、その痛みや苦痛から、少しでも早く楽にしてあげましょう。

また、中耳炎は、風邪が原因でなることが多いので、風邪をひいたときは、よく観察し、赤ちゃんが中耳炎になっていないか、気をつけることで、早く発見できるかもしれません。

関連記事→子供の中耳炎の症状は?熱が出たらどうする?薬は必要?

お勧め関連動画

関連記事→子供が熱中症で熱が出た?対策や症状はどんなもの?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る