子供がインフルエンザに!どうすればいい?予防対策も知りたい!

冬になると子供の病気で特に心配なのがインフルエンザです。

子供は抵抗力があまり強くないのでインフルエンザにかかると重篤化しやすく、看護をしている母親からしたらとても心配になってしまいます。

このインフルエンザの症状や予防などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状とは

気になるインフルエンザの症状ですが、特徴としては38℃以上の高熱が急に出ることです。普通の風邪だと、まずは咳、鼻水などが出て、徐々に悪化していきますが、インフルエンザは何の前触れもなく、いきなり高熱が出て驚くことも多々あります。

38℃~40℃の熱がいきなり出て、急激に悪くなることがあるので、親からしたらびっくりしてうろたえます。

身体の節々がいたい関節痛や頭痛や全身の倦怠感なども伴うので、インフルエンザにかかると症状が治まるまではかなり辛いと言えます。

関連記事→インフルエンザの予防接種はどれでも副作用が起きるの?

 

インフルエンザへの対応としては

ではインフルエンザの時にどのように対処したら良いかということですが、まず高熱が急に出るなどの症状があった場合には、普通の風邪かインフルエンザか自分で判断することができないので、必ず医療機関での診断を受けるようにしましょう。

インフルエンザの検査は医療機関でできるのですが、インフルエンザにかかってから12時~24時間の間に検査を受けることが望ましいとされていてそれよりも早いタイミングで検査をするとうまく陽性反応が出ない場合もあります。

また48時間を過ぎてから検査をしてもうまく結果が出ない場合があるので、検査のタイミングをきちんと見極めなければなりません。

医療機関に行くと、医師が色々と症状の聞き取りをして、検査をするタイミングなどを指示してくれるので、それに従うようにしましょう。

高熱が出ている場合はそれを下げて睡眠を確保するなどの指示をされることができます。

その場合には、解熱剤が処方されることもあり、医師の指示によって解熱剤を使うようにしましょう。

一般的には38.5℃以上で、高熱のためにしんどそうにしている、ぐったりしているといった様子が見られたら解熱剤を使うと言われています。

解熱剤を使う上で気をつけたいことは、自己判断で自宅にあるからと使ってしまったり、自分のが余っているからと使ったりしないことです。

子供の体重に合わせた量や、その時の症状に合わせた解熱剤の種類があるので、医師の診断を仰ぎましょう。

スポンサードリンク

関連記事→インフルエンザを予防したい!食事で出来るの?食べ物は何が良い?

 

脱水症状に気をつける

インフルエンザで高熱が出ている場合は、熱を下げるために汗が出てしまい、いつもよりも身体から水分が出てしまうことがあります。

そういった中で脱水症状が起こりやすいので、注意をしてこまめに水分補給をしてあげるようにしましょう

悪寒が出ている場合には部屋を少し暖める、汗をかいて暑そうにしている場合には少し薄着にしてあげるなど様子を見て調節をしてきましょう。

関連記事→インフルエンザワクチンの予防接種はいつまで可能?

 

インフルエンザの予防方法とは

ではこういった恐ろしいインフルエンザにかからないためには、どうしたら良いのでしょうか?効果的な予防方法は、手洗いうがいです。外出先から帰った時などは手洗い、うがいを徹底しましょう。

また免疫力が低下しているとインフルエンザにかかりやすくなるので、食事や睡眠を十分とって普段から健康管理に気をつけていくことも大事です。

インフルエンザが流行り出す時期には、予防接種を受けることも感染予防につながります。

インフルエンザにかかると子供の場合は症状が重篤化しやすく、場合によってはインフルエンザによって死亡するというケースまで出てきてしまいます。

予防に努め、それでもかかってしまった場合には、しっかりと対処していきたいものですね。

関連記事→インフルエンザの予防接種はどれでも副作用が起きるの?

お勧め関連動画


インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る