乳児湿疹とアトピーの違いって何?どうやって対処すればいい?

 

赤ちゃんの肌はみずみずしくスベスベのイメージですよね。

私も子供が産まれるまではそう思っていました。

しかし、実際に子育てしてみて、赤ちゃんの肌はとても敏感でちょっとした刺激や乾燥でガサガサ、ジュクジュクの肌になってしまうという事を知りショックを受けました。

赤ちゃんの乳幼児湿疹は有名ですが、あまりにも湿疹が酷いと「もしかしてアトピーなのでは?」と不安になりますよね。

ではアトピーと乳幼児湿疹を見分ける方法はあるのでしょうか?まずは、乳幼児湿疹とアトピー性皮膚炎について詳しくご説明します。

スポンサードリンク

関連記事→乳児湿疹の原因って何?どうやって対策したらいいの?

 

乳幼児湿疹とアトピー性皮膚炎について

乳幼児湿疹とは生後すぐ~1歳くらいまでの赤ちゃんに出来る湿疹のことをいいます。

原因は色々あり、生後すぐにホルモンの関係で過剰な皮脂が分泌されることにより起こる脂漏性湿疹を始め、おむつかぶれ、乾燥によ湿疹などがあります。

湿疹が出来やすい部位は主に顔周辺やおしりで、他にも頭や耳の中、腹、背中などに出来ることもあります。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーが原因で出来る湿疹のことをいいます。

アレルギーとなる物質は卵や牛乳などの食べ物だけではなく、ホコリやダニ、ハウスダストなども原因となります。

顔の他に腕や足の関節の裏に出来ます。

ジュクジュクしていて強い痒みのある湿疹が特徴です。

湿疹は良くなったと思えば悪くなったりを繰り返し、なかなか良くなりません。

また、両親がアトピー体質だと、赤ちゃんもアトピー性皮膚炎になる可能性が高くなります。

乳幼児湿疹とアトピー性皮膚炎の特徴をご説明しました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんのダニ刺され跡や症状は?対処法はある?

 

乳幼児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方

アトピー性皮膚炎は良くなったと思えば、悪くなったりの状態が慢性的に続きます。

一方乳幼児湿疹は症状や原因に合わせて適切なケアをしてあげれば良くなる事が多いです。

赤ちゃんの場合は湿疹のケアをしていても2ヶ月以上改善されなかったり、良くなったり悪くなったりを繰り返す場合にはアトピー性皮膚炎の可能性があります。

また、足や腕の関節にもジュクジュクした湿疹が出来ている場合もアトピー性皮膚炎の可能性があります。

これらの症状がある場合には皮膚科医にみてもらうことをオススメします。

ここまで、乳幼児湿疹とアトピー性皮膚炎の見分け方についてご説明しましたがそれぞれケアの方法にはどのような方法があるのでしょうか。

関連記事→赤ちゃんのよだれで肌がかぶれちゃった!どうすればいい?

 

乳幼児湿疹のケアの方法について

生後すぐに出来る脂漏性湿疹については、沐浴時などに赤ちゃん用の石鹸を使い顔や頭皮などの湿疹の出来やすい部位を洗ってあげます。

また沐浴後は保湿もしっかり行います。

おむつかぶれの場合は、こまめにおむつを交換するのはもちろんですが、赤ちゃんは大人に比べて汗をかきやすいので、布団のかけ過ぎや着せすぎには注意が必要です。

乾燥が原因の場合は、ベビーローションワセリンを使用してこまめに保湿を心がけます。

次にアトピー性皮膚炎ですが、ジュクジュクが酷い時には皮膚科で処方されるステロイド薬を塗布します。

良くなってもすぐに止めずに皮膚科医の指示に従って塗るようにします。

また、ステロイド薬と同時に保湿剤で皮膚を十分に保湿することも大切です。

乳幼児湿疹、アトピー性皮膚炎どちらにもいえるのは、保湿が大切だという事です。また、湿疹が酷くなってきた場合には早めに皮膚科医にみてもらうことも重要です。

赤ちゃんの肌の状態に合わせて適切にケアをして、プルプル、スベスベのお肌を取り戻してあげましょう。

関連記事→赤ちゃんの寝汗、夏と冬の対策の違いは?

お勧め関連動画


余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

子育てをしていると出てくる疑問。
100人に聞いたアンケートをまとめた記事はこちらです。
関連記事→”<100人に聞きました>子育ての疑問についてまとめたアンケート一覧

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る