子供の水虫の症状は?薬や治療法を紹介!

水虫は白癬菌によって生じるものですが、子供も大人と同じように発生する可能性があるとされています。

最も多い症例は、足全体に白癬菌が寄り付き、全体が白くなったり、ふやけたりするなどの症状が発生します。

子供が水虫になった時の症状や薬や治療法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→乳児湿疹とアトピーの違いって何?どうやって対処すればいい?

 

子供の水虫の症状

足の水虫がひどくなると、赤く水ぶくれのようになり、痛みやかゆみが生じてくることもあると考えられています。

足の裏が水虫になった場合は、皮膚が厚みを持ってしまい、全体的に硬くなることが一般的です。

手や足の爪に白癬菌が寄生すると、爪が白っぽくなることもあると考えられています。

この場合には、爪の変色だけで痒みや痛みなどの症状が出る可能性は低くなっています。

また、頭部や手のひらなどにも、白癬菌が規制することも子供の場合には事例として多く確認されています。

水虫という名称の症状ですが、全身に発生することを把握しておく必要があると言えるでしょう。

 

子供が水虫になった時の薬と治療法

子供の水虫の症状に対しては、患部に塗り薬を塗布することで治療を進めるケースが圧倒的に多いと考えられています。

白癬菌を根本的なところから撃退できる塗り薬を利用することが多く、概ね症状が快方に向かうと認識されています。

爪などの塗りにくい部分に対しては、刷毛で塗るジェルタイプの薬を処方する医師も多くなりつつあります。

爪の中が白く変色している際には、このタイプの薬を利用することによって、色が元通りになっていくと考えられています。

飲み薬による子供の水虫の治療についても、近年では本格的に導入が検討されていますが、現状では塗り薬での対処や治療がポピュラーであると考えられています。

塗り薬をメインにして水虫を治療する場合には、3か月程度での完治を目指すことが多いのではないかと考えられています。

症状が軽い場合には、1か月程度で治癒していくこともあると考えられているものの、再発のリスクを無くすことも含めて治療にあたることが実践されていると推測されています。

スポンサードリンク

関連記事→子供のシラミ症状や予防法は?シラミ卵の駆除方法は?

 

子供が水虫になった時の対処方法

水虫を悪化させたり、再発させたりしないように対処する方法としては、足を中心に全身を清潔に保つことが最も大事であると考えられています。

白癬菌が水虫の状態になるまでは、ある程度の時間を要すると考えられていることから、毎日入浴時などに足を清潔にしてあげることが重要になります。

外で遊んできた日や汗をかいた日などは、入浴時に体をしっかり洗う子が多いと考えられいますが、意識的に足を清潔にすることも実践することが良いのではないかと捉えられています。

清潔な状態が保たれると、白癬菌が寄り付きにくくなり、水虫の症状も次第に改善される可能性が高いとされています。

また、水虫にかかってしまった子供たちには、再発の可能性を下げること直結すると考えられており、常に足を清潔にキープすることが意識される点は望ましいとみられています。

水虫の予防にも直結する取り組みであることから、普段より意識的に足を清潔にすることを心掛けることが待望されています。

お勧め関連動画


関連記事→子供の頭しらみ・毛じらみに?症状や原因はどんなもの?

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る