子供に日焼け止めは必要?日焼けあとのケアは?

 

小さな子供たちにとっては、紫外線によって日焼けのしやすい状況がしばしば確認されています。

特にまだ皮膚の組織が完全に形成されていないため、日焼け止めの対策を適度に行うことが必要であると考えられています。

今日は子供に日焼け止めは必要なのか、そして日焼けしたあとのケアについてお話しします。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんのプールはいつからOK?おむつはどうする?

 

子供の日焼け止め

特に日に焼けるとすぐに赤く炎症を起こしたり、痛みが生じたりする子どは、日焼け止めを塗ることで肌を保護できる可能性が高いと認識されています。

現在では子供用の日焼け止めクリームやパウダーも標準的に取り扱われていることから、大人と同様に日焼けから肌を守れる環境が充実しています。

一般的な日焼け止めクリームは、SPFという指標を判断基準に選ぶものであると考えられています。

この数値が高い程肌を紫外線から保護できる作用が強くなるものの、肌への負担も比例して強くなることが一般的です。

SPF50やそれに+の付く非常に高い数値のものが人気を博していますが、子供に利用させることは避けるべきとされています。

中高生の時期までは、SPFが20程度までの日焼け止めを選んで使うと、肌への負担と紫外線からの保護のバランスが保てると言えるでしょう。

それでも肌がかぶれるなどの症状が出ることもあるため、慎重に利用することが推奨されています。

外出時に日焼け止めを塗って出かけるという子供は多いとされていますが、必ず塗る必要がないとも考えられています。

ある程度の紫外線は、子供の皮膚を健常に成長させることにも繋がるとみられていることから、特に強烈な日差しの照り付ける日に限定して日焼け止めクリームを塗るようにするとベストであると考えられています。

場合によって日焼け止めクリームを塗るかどうか検討するように努めると、子供の健康な肌の成長にも役立つと考えられています。

スポンサードリンク

関連記事→水遊び用オムツやパンツ、どのように使う?オススメは?

 

日焼けあとのケア

日焼け止めクリームを子供に利用させる場合には、あらかじめ皮膚科医などに相談しておくことも対処法になると認識されています。

子供によっては、皮膚がデリケートで日焼け止めクリームを塗ることが好ましくないとされることも想定されるためです。

紫外線から肌を守ることと、日焼け止めクリームを利用する際の肌の負担のバランスを上手にとるこかど子供たちにとっては最重要であると考えられており、自己判断に任せず医師に相談することが望ましいとされています。

皮膚科の医師から、適切な日焼け止めクリームを紹介してもらえることも期待できることから、初めて日焼け止めを子供に利用させる場合には相談してみると良いのではないでしょうか。

小さな子供たちに対しては、強烈な日差しに伴う紫外線は良くないものであると一般的に認識されています。

日焼け止めクリームを上手に取り入れることで肌の健やかな成長に繋がると考えられていますが、過度に利用しないなどの配慮を忘れないことが希求されるでしょう。

肌がデリケートな場合には、日焼け止めクリーム以外の紫外線対策の方法を模索するなど、柔軟に対処していくことが重要になるのではないでしょうか。

関連記事→赤ちゃんに夏はどんな服装をさせればいい?

お勧め関連動画


関連記事→赤ちゃんと海、いつからOK?海水浴の持ち物と注意点は?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る