赤ちゃんの飲み物はいつから?夏の暑いときはどうする?

夏の特に暑い日だったり、お風呂上がりだったり、赤ちゃんの飲み物は何をあげたら良いのか悩みますね。

特に赤ちゃんは大人よりも体温が高く新陳代謝も良いので汗もかきやすく、水分不足を気にする方も多いです。

そこで赤ちゃんの飲み物についてまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんが離乳食を食べない!どう対処すればいい?

 

生後0~5ヶ月くらいの赤ちゃんの場合

新生児から離乳食が始まる前の5,6ヶ月の赤ちゃんは基本的には母乳かミルクで良いです。

以前はお風呂上がりに白湯を飲ませたり、薄めた麦茶をあげたりすることも薦められていたようですが、今では母乳やミルクのみで水分補給は出来ているので栄養面からしても白湯などは必要ないとの考えです。

しかし、真夏など汗をかきすぎてしまっていたり、脱水症の心配があるような時などは白湯を与えると良いでしょう。

ミルクと同様でお湯の状態から人肌まで覚まします。

暑いからといって冷たいものを与えたり、水道水をそのまま与えるのはこの時期の赤ちゃんには絶対に避けましょう。

また白湯以外の飲み物で生後1ヶ月~のと書かれたジュース類を売っているのを見かけますが、離乳食前の赤ちゃんには必要ありません。

以前は果汁を薄めたジュースを飲ませて味に慣れさせるという考えもあったようですが、はじめにジュースなど甘いものを与えてしまうと離乳食がうまく進まなかったり、母乳やミルクまで飲まなくなるということにもなりかねませんので注意しましょう。

イオンウォーターなどは何となく水分補給に良さそうですが、この時期の赤ちゃんには必要ありません。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの離乳食はいつからあげる?それぞれのメリットデメリットは?

 

5ヶ月以降の赤ちゃんの場合

離乳食が始まると哺乳瓶以外のマグに飲み物を入れて飲む練習を始めると良いです。

以前と比べると哺乳瓶の消毒も毎回でなくて良くなったりしますが、人肌の飲み物を用意することや水道水は与えずに熱湯から冷ますということを続けましょう。

離乳食が始まるとカフェインが入っていない麦茶などのお茶も飲むことが出来ます。

ただし、大人の飲むような濃さだと苦味を感じて嫌がる赤ちゃんもいますので薄めて与えると良いです。

生後1ヶ月~のというようなペットボトルに入ったお茶類も販売されていますが、中身は薄めた物ですので自宅で作る場合は濃さも真似してみると赤ちゃんがよく飲んでくれる味になるので色をよく見てみると良いです。

お出かけなどでは赤ちゃん用のペットボトル入り飲料は衛生面でも安心ですし上手く利用しましょう。

特に夏場の水分補給にはマグなどストローやコップが使えると便利です。

いきなり出来る子もいますし、練習してうまく使えるようになる子もいますので、少しずつ慣らしておくと外のお出かけも楽になります。

離乳食が進むとジュース類も与えたくなりますが、離乳食が軌道にのるまでは与えないのが無難です。

子供は甘い物は後からいくらでも好きになりますし、一度与えるとクセになります。

可哀想に思う方もいるかと思いますが離乳食が完了するまではジュースは控えた方が良いかと思います。

赤ちゃんには基本的には母乳とミルクで水分補給を、離乳食が始まったらマグやストロー、コップに慣れてもらい、食事の時などに白湯や麦茶もチャレンジしましょう。

赤ちゃんのうちは飲み物は人肌で必ず熱湯から冷ますことは気を付けましょう。

赤ちゃんの体調に気を付け暑い夏を乗り切りましょう。

お勧め関連動画


関連記事→赤ちゃんに水はあげていい?夏の水分補給はどうする?

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る