トイレトレーニングパンツ、何枚必要?使い方や洗い方は?

 

トイレトレーニングに必要なものと言えば、まずはおまるもしくは補助便座、そして「トイレトレーニングパンツ」です。

今日はトイレトレーニングパンツがいったい何枚必要なのか、そして使い方や洗い方を紹介します。

スポンサードリンク

関連記事→トイレトレーニング、うんちの進め方は?おしっことは違う?

 

トイレトレーニングパンツ

トイレトレーニングパンツというのは、布が何層か重なっている、その名の通り「トイレトレーニング」中にピッタリの厚手のパンツのことです。

メリットとしては、お漏らしを多少してもパンツが吸収してくれるので、その上から穿いているパンツやスカートなどの洋服や部屋に被害が及びにくいということ。

そして、紙オムツに比べて「濡れた」感覚がハッキリと自分でわかるので、トイレトレーニングが進みやすいということ。

さらに、子供にとってもオムツでなく「お兄さんパンツ・お姉さんパンツ」だという嬉しさが感じられるのも見逃せませんね。

一方デメリットとしては、何層かになっていて吸収力が良いと言っても、全くパンツ自体が漏れないわけではないということ。

普通のパンツのように「洋服や床までダダ漏れ」になってしまうことは防げても、「ちょびっと漏らし」でない限りは洋服も多少は濡れてしまうことも多いです。

このことから、「どうせ洋服まで濡れてしまうんだったら要らないんじゃ…」なんて思うお母さんもいるよう。

さらに、厚みがあるので洗濯した後に乾きにくいということがあります。

これは梅雨時など洗濯物が乾きにくい季節には厳しいですね。

スポンサードリンク

関連記事→トイレトレーニング、トイレを嫌がったらどうすればいい?

 

トイレトレーニングパンツの選び方

実際にトイレトレーニングパンツを準備する際、どれくらい買えばいいの?

そして種類もいくつかあるようだけど、どれを選んだらいいの?

と悩む人は多いようです。

トイレトレーニングパンツの層は、一般的に2層から6層までの多層構造になっています。

なので、2層など薄いものは当然漏れやすく、厚くなるほど漏れにくいということになります。

ただ、子供によっては6層などの分厚いパンツを嫌がる場合もあります。

特に暑い季節にはなおさらですね。

ですからトイレトレーニングパンツを購入する際は、「最初に大量に買いすぎない」ということがポイントです。

おすすめなのはとりあえず3層くらいのものを3~4枚程度購入してみるということ。

そして様子を見て買い足していくと良いでしょう。

また、6層のものも一応お出かけ用に1枚はあると安心です。

「外出の際は心配だから紙オムツが安心だな…」と感じる方はもちろん紙オムツでもOKです。

お母さんの方針やお子さんの希望、トイレトレーニングの進行状況などに合わせて臨機応変に対応してください。

トイレトレーニングパンツの使い方として、今日からトイレトレーニングをスタート!

というタイミングでいきなりトイレトレーニングパンツにしない方が良いでしょう。

関連記事→子供が便秘気味!どうやって解消する?マッサージは?

 

トイレトレーニングというのは長丁場

今日教えてすぐにトイレで出来るようになるわけではありません。

いきなりトイレトレーニングパンツにすると、あっという間にパンツがお漏らしで濡れて親がガックリ…ということになりかねません。

最初は紙オムツのままでトイレに誘導するようにし、成功率が高くなってきたらパンツに移行すると親のストレスも軽減されますよ。

また、トイレトレーニングパンツの洗い方としては、そのまま洗濯機に放り込むのではなく一旦バケツなどに漬け置きしておくのがおすすめ。

ある程度たまったら絞って洗濯機で洗いましょう。

また、ウンチのついたパンツは一旦ウンチを洗い流してから(この際は洗剤よりもベビーソープがおすすめです)洗濯機で洗いましょう。

ちなみに漬け置き用のバケツは蓋つきを選ぶと、見た目も匂いも気になりにくくなりますよ。 

お勧め関連動画


関連記事→子育てにイライラした時の対処法はみんなどうしてるの?100人の声

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る