数の子の塩抜きを短時間で簡単にする方法は?

年末も近づいてきて、そろそろおせち料理を考え始める方もいるかと思います。

おせちといえば、数の子ですね。

数の子といえば、塩辛くて、塩抜きをしないと、料理に使えないですよね。

子供がいると、出来るだけ短時間で簡単に塩抜きがしたい!

そういう人のために、短時間で簡単に数の子の塩抜きをする方法をまとめてみました。

関連記事→数の子の効能や糖質を紹介!ダイエットに効果がある?

スポンサードリンク

塩抜きはなぜ必要?

塩抜きをする前に、そもそもなぜ、数の子は塩漬けしてあるのかという疑問を持たれる方もいるかと思います。

数の子は、ニシンの卵なのですが、それを塩漬けしてあります。

塩に漬ける理由は、長持ちさせるためと塩に漬けることによって、味が凝縮されるためです。

しかし、これをそのまま食べようとすると、辛すぎて食べれないので、塩抜きが必要となってくるわけです。

数の子を料理する場合は、まず塩抜きさせて、それに出汁などで味をつけていきます。

関連記事→数の子をアレンジ!余りを使ったレシピ紹介!パスタやマヨネーズ和えがおいしい!

簡単な塩抜きの方法

数の子の塩抜きをするのには「呼び塩」「迎え塩」といって、薄い塩水につけることが必要です。

なぜ塩抜きをするのに、真水ではなくて、塩水につけるのか?

疑問に思う方も多いかと思います。

真水につけると、塩抜きのスピードの点だけで見ると、一見早そうなのですが、表面だけ塩分が抜けて水っぽくなってしまったり、数の子の中にある、苦み成分が残ってしまってせっかくの数の子の美味しさが損なわれてしまうのです。

数の子の塩抜きの方法は、数の子200~300gに対して1、5リットルの水を用意し、塩小さじ1杯を入れて6時間つけておくというものです。

数の子の量が増えたら、水や塩の量も調整してくださいね!

6時間たったら、水をすべて捨てて、もう一度同じ濃度の水を作って、数の子をつけます

塩水を交換する段階で、薄皮を綺麗に剥がしてください

これを数の子の味をみながら、2~3度繰り返してください

数の子の塩が抜けていると思ったらOKです。

それから、出汁などで数の子に味付けます!

関連記事→数の子を食べ過ぎると体に悪い?痛風になるの?

スポンサードリンク

短時間で行う塩抜きの方法

美味しい数の子を作るために、塩抜きが時間がかかるのはわかっていただけたかと思うのですが、それでも、時間がなくて、もっと早く塩抜きをしたいということもあるかと思います。

そういうときの方法を書いてみますね。

それは、数の子200~300gに対して、約40度のぬるま湯1、5リットルに小さじ1杯の塩を溶かした塩水を作ってつけておくというものです。

この漬けておく過程で、数の子の薄皮をしっかりと取るようにしましょう。

1時間ほどつけると、今度は真水に1~2時間つけて、これを1~2回繰り返します

真水はぬるま湯ではなくて大丈夫です。

これだと時間がなくても大丈夫なので、安心ですね。

 

美味しい数の子、食べたいですよね!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

お勧め関連動画

関連記事→数の子の塩抜きに失敗!しょっぱい場合の対処法は?

スポンサードリンク

 

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る