クリスマスの意味や由来は?起源を説明!

段々寒くなってきて、クリスマスが近づいてきました。

クリスマスは、毎年ケーキなどご馳走を食べて、クリスマスツリーの飾りつけをして、子供たちはプレゼントをたくさんもらって大喜びの日なのですが・・。

クリスマスはどういう意味があるのでしょうか?

由来や起源についても、調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→クリスマスソング、邦楽の定番33選!youtubeも紹介

クリスマスとはそもそも何?本当の意味

クリスマスはイエス・キリストの誕生である、降誕を祝う祭だとされています。

12月25日がイエス・キリストの誕生日だと思っている人も多いのですが、実はイエス・キリストの正確な誕生日に関しての記録は残っていないんです。

そのため、実際には正確な日付はわからないので、最初は色々な日にクリスマスのお祝いをしていたのですが、段々12月25日に祝われるようになり、4世紀にこれが確立しました。

イエス・キリストは「正義の太陽」や「世の光」と呼ばれていたので、336年にこの祭日をイエス・キリストの誕生を祝う日にしようと定めたということです。

クリスマスは「Christ(キリスト)」と「mass(ミサ)」を合わせた言葉です。

クリスマスは「Xmas」と書かれるのですが、このXはギリシャ語から来ています。

ギリシャ語ではクリスマスのことを「クリストゥ・ゲナ」といい、クリストゥの頭文字でXが使われ、それからXmasと書かれるようになりました。

クリスマスとクリスマスイブの違い

クリスマスイブといえば、クリスマスの前日のことを考えると思います。

そのため、イブが前日という意味なのかなと考えられるかもいるかもしれません。

イブというのは、「eve」と書くのですが、夜を意味するeveningのことなんです。

元々、ユダヤの暦では日没から1日がスタートしていたので、クリスマスはイブから始まっていたということです。

スポンサードリンク


関連記事→クリスマスカードのメッセージ、英語の例文18選!

クリスマスの由来や起源

元々、クリスマスはプレゼントをあげたりお祝いする日ではなかったんです。

それが、アメリカでクリスマスをお祝いし始めようという、商戦的なものがあり、それで現在のようなクリスマスが始まったとされています。

キリスト教を信仰するヨーロッパの国などにとっては、クリスマスはとても大切な日で、日本のように恋人と過ごすということはなく、家族で過ごします。

しかし、そういう国も、実はクリスマスよりも復活祭の方が重要です。

日本では、現在のような形は、明治33年に明治屋が銀座に進出して、クリスマス商戦を行ったのが始まりでした。

ただ、日本全国でクリスマスにケーキを食べたり、クリスマスツリーを飾るようになったのは、昭和20年以降だといわれています。

まだまだ日本でクリスマスがスタートしたのは最近なんですね。

参考になりましたか?

ぜひ子供に聞かせてあげてくださいね。

関連記事→クリスマスソングの定番ランキング、子供向け14選!

お勧め関連動画


スポンサードリンク

関連記事→クリスマス会のゲームや出し物15選!保育園や子供会でぜひ!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る