布おむつのメリットとデメリットを紹介!

最近は再び布おむつ育児のメリットが見直されてきているようですね。

我が家の子供達も、布おむつで育ちました

ただ、当時は周りのリアル友人やママ友などには布おむつ育児の人はいなくて、布おむつだと言うとかなりビックリされたりもしましたね。

とは言っても、私も最初から「絶対布おむつで育児するぞ!」と思っていたわけでもなく、知り合いから布おむつカバーを貰ったというのがきっかけです。

私が布おむつを使って良かったことをまとめて見ますね。

スポンサードリンク

関連記事→水遊び用オムツやパンツ、どのように使う?オススメは?

 

赤ちゃんの気持ちがわかる布おむつ

初めて知り合いから布おむつの話を聞いた当初は「布おむつ??昭和初期の育児じゃないの?」なんて思ったのですが、貰ったおむつカバーがファジバンズなど海外製のものでとにかくかわいくて、一目で気に入ってしまいました。

また、布おむつをつけている赤ちゃんというのがとにかくかわいいんですよね。

ポコっとしたお尻がアヒルの子供みたい!なんて思ってました。

私が布おむつを使っていてよかったなと思うのは、やっぱりこまめにおむつを替えてあげられるということですね。

最近は紙おむつの性能もあがってきて、「長時間つけていてもお尻さらさら」なんてキャッチコピーがあったりもしますが、いくらさらさらだとは言え、何時間もおしっこがたっぷりしみ込んだおむつを付けているのってどうなのかなーという気がします。

もちろん、忙しいお母さんには仕方ないと思うのですが(私も、外出時など長時間替えられないときは紙おむつを使いました)、でももしこまめにおむつを替えてあげられるのであれば、汚れたらすぐに交換してあげられる布おむつは良いなと思います。

紙おむつだと、やはり勿体無いと思ってしまうから、万一おむつ替えをしてすぐにおしっこしてしまったとしてもすぐには交換しない・・・なんてケースもあったりしがちですよね。

それに大人でも、やっぱり生理用ナプキンをつけているとムレてしまったりして不快な気分になりますよね。

私は紙ナプキンを付けていると常に憂鬱です。

きっと赤ちゃんも、肌触りの優しい布おむつのほうが快適だろうなと思います。

スポンサードリンク

関連記事→布おむつの作り方が知りたい!簡単に作れる?

 

幸せを感じる布おむつ

あと、布おむつを使っていて良かったのは「おむつを買う手間がない」ということでしょうか。

双子ちゃんの育児をしていた知人は、「買い物のたびに大量の紙おむつを買わないといけないから大変よー」なんて言っていましたが、布おむつの場合は最初に一式を揃えてしまえばあとは買い物をすることがありません。

ただでさえ赤ちゃん連れの買い物というのは大変ですから、大きい荷物が減るというのはとてもメリットだなと感じます。

あとは、自己満足かもしれませんが、洗濯物を干した後、布おむつがヒラヒラと風になびいている様子を見て、なんとも言えない幸せを感じていました。

赤ちゃんの育児というのは確かに大変ですが、それでも子育てのあいだで最も幸せな期間だとも思います。

もちろん子供達が小学生になった今も私は幸せですが、「赤ちゃん」というのはとにかく特別というかかわいいんですよね。

そんな赤ちゃん時代の貴重な子育てをしているんだなぁ、という充実感にひたれるのがすごく幸せでした。

今現在布おむつを使おうかどうか迷っているというママさんやプレママさんがいたら、「是非やってみて!」と背中を押してあげたいと思います。

もちろん、24時間全部布おむつでなくても良いんです。

今日は疲れたな、とか洗濯物が乾かないな、とか外出するときは紙おむつにして、普段は布おむつにする・・・などと臨機応変に使ってみて欲しいです。

きっと「布おむつっていいなぁ」と思ってもらえると思います!

関連記事→布おむつってどうやって洗えばいいの?簡単な方法が知りたい!

お勧め関連動画

 

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る