甘酒はノンアルコール?妊婦や子供に飲ませても大丈夫?

甘酒っておいしいですよね。

寒い時に暖かい甘酒を飲むと、体がホカホカしてきます。

それに、飲む栄養といわれているくらい栄養価も高いのです。

私は大好きなのですが、甘酒ってアルコールが入っているのでしょうか?

妊婦や子供が飲んでも大丈夫なのか、気になったので調べてまとめてみました。

関連記事→数の子を食べ過ぎると体に悪い?痛風になるの?

スポンサードリンク

甘酒の種類

甘酒は実は作り方と原料によって2種類あるんです。

まずは、それらの甘酒について説明しますね。

酒粕を使用する甘酒

酒粕をお湯で溶いて加熱したものに、砂糖などの甘味料を入れて作られたものです。

酒粕にはアルコールが入っているので、アルコールの味が強いのがこちらのタイプになります。

また、アルコールに弱い方は、飲むときには注意が必要です。

麹(こうじ)を使用する甘酒

米に米麹を加えることによって作られます。

砂糖を加えず、天然の麹が引き出したお米の甘みからできています。

この米麹から作られる甘酒が、高い栄養価を持つ魔法の飲み物だといわれています。

関連記事→数の子の効能や糖質を紹介!ダイエットに効果がある?

スポンサードリンク

妊婦と甘酒

酒粕は種類によって多少前後しますが、およそ5~8%程度のアルコールを含んでいます。

妊娠中にアルコールを摂取してしまうと、血液中から胎児に影響を与えてしまいます

すると、胎児の知能障害や障害が現れるなどの影響が出てしまうリスクが高まります。

妊娠中のアルコール摂取は控えましょう。

授乳と甘酒

母乳は血液からできており、アルコールを摂取した体は、血液の中のアルコールの濃度も上昇してしまいます。

授乳中にアルコールを摂取すると、赤ちゃんがアルコールを含んだ母乳を飲んでしまいます。

また、アルコールは母乳の出を悪くするというデータもあります。

もし授乳中にアルコールを取ってしまったら、少なくとも半日は感覚をあけて、母乳をあげるようにしましょう。

酒粕の甘酒はアルコールを含んでいるので、飲まない方が無難でしょう。

子供と甘酒

子供が摂取する場合も、アルコールを含んでいる酒粕入りの甘酒は避けましょう

発育の過程にある子供に影響を及ぼす可能性があります。

 

妊娠中・授乳中・子供も飲める甘酒

酒粕から作られている甘酒は、アルコールが入っていることをお知らせしました。

その中でもノンアルコールとなっている甘酒も売っています。

こちらだと、アルコール度数が1%未満なので、妊娠中・授乳中・子供でも飲むことが可能です。

しかし、だからと言って、たくさん飲んでしまうと、アルコールをたくさん摂取してしまうことになってしまうので、あまり体にはよくありません。

どうしても飲みたい場合は、少しだけ飲むようにしましょう。

妊娠中・授乳中・子供におすすめな甘酒は、麹から作られている物です。

こちらだと、アルコールは入っておらず、糖分も麹などの自然なものだけなので、糖分を摂りすぎる心配もなく安心です。

また、麹入りの甘酒の栄養はものすごくいいんですよ。

ぜひ積極的に甘酒を取り入れてみてくださいね!

お勧め関連動画

関連記事→甘酒の効果や効能は?風邪に効く?

スポンサードリンク

 

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る