ノロウイルスの潜伏期間は?症状や食べ物の原因を紹介!空気感染予防はどうする?

寒くなってきて、周りでも風邪をひいている人が増えてきました。

冬といえばノロウイルスでしょうか。

嘔吐下痢とか、子供がかかったら可哀そうですよね。

そんなノロウイルス、潜伏期間がどれくらいあるのでしょうか?

感染予防をするには、どうすればいいのか、気になったので、調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスになったら出席停止はどれくらい?いつから登園・登校できる?

 

ノロウイルスの潜伏期間

ノロウイルスは、体の中にウイルスを取り込んでからの潜伏期間が短く、24~48時間程度だとされています。

また、10時間ほどで症状が出てくる人もいるようです

特に寒くなってくる10月頃から流行しだし、12~1月にピークを迎えます

感染力が強いため、少ない量のウイルスでも感染します。

 

ノロウイルスの症状

始めは風邪のように、嫌悪感やぼーっとするような症状が出ます。

それから、38度くらいの発熱と下痢や嘔吐をするのが特徴です。

また、腹痛も伴い、吐き気も続くので、食中毒のような症状になります

嘔吐は、2~3回程度で収まる人もいるようですが、ひどいと1日中続く場合もあります。

嘔吐と下痢で、水分を出してしまうので、脱水症状には気を付けなければなりません。

関連記事→ノロウイルスの完治までの治療法は?早く治す方法はある?感染力はどれくらい?

 

ノロウイルスの原因

空気感染・飛沫感染

ノロウイルスは、感染力が強いのですが、空気感染はあまりないといわれています。

ただ、飛沫感染が多いようです。

飛沫感染とは、ノロウイルスの感染者を介助するときに、その患者の咳やくしゃみからノロウイルスを吸ってしまって感染することです。

ノロウイルスは寒い冬に流行しますが、空気が乾燥しているため、ウイルスを含んでいる水分が浮遊しやすく、それを周りが吸い込む可能性が高いのです。

咳やくしゃみだけでなく、下痢や嘔吐した後の汚物にもウイルスはたくさん含まれています。

飛沫感染は周囲1mくらいはされるといわれていますので、汚物の片づけをする場合もゴム手袋などをして、直接触らないように注意が必要です。

また、ノロウイルスを含んだ粉じんによって感染する場合もあります。

外にある、下痢や嘔吐での汚物が乾燥してしまい、それが風と一緒に舞い上がり、吸ってしまうことがあるのです。

ノロウイルスは乾燥にも強く、特に冬場だと1か月程度でも生きていることがわかりました。

公園など、汚物が落ちている場所には、極力近づかないようにしましょう。

 

食べ物

ノロウイルスに感染しやすい食べ物は、牡蠣など二枚貝です。

広島は牡蠣の養殖で有名ですが、他の地域と比べて牡蠣を食べることも多いため、ノロウイルスに感染する割合が多いようです。

他にも、肉や穀物なども原因となり、感染している場合もあるようですが、数が圧倒的に少ないです。

なぜ二枚貝がノロウイルスの原因になるかというと、二枚貝が餌となるプランクトンを食べる際に、海水と一緒に体内に取り込んでしまうからです。

海水の中には、下水などから流れたウイルスも入っており、それを体内で蓄積してしまうのです。

ちなみに、ノロウイルスの感染原因としては、感染している人がウイルスのついた手で調理している場合と、ウイルスに感染された水を使用して調理している場合があります。

しかし、それらに関しては、はっきりとした原因は解明できていないようです。
関連記事→牡蠣からノロウイルス感染?予防のための加熱時間と方法を紹介!

 

感染予防の方法

空気感染・飛沫感染

空気感染・飛沫感染の予防に有効なのは、直接ウイルスに触れないようにすることです。

まずはマスクをするようにしましょう

マスクは、病気になった人がすると考えがちですが、実は予防にも効果的です。

また、感染者の介助をするときはゴム手袋などをして、直接ウイルスに触らないようにしましょう。

 

食べ物

食べ物から感染する原因は、圧倒的に牡蠣などの二枚貝が多いのですが、きちんとした調理法をすれば感染しにくいといわれています。

まずは、調理する前に、きちんと手洗いをしましょう

そして、牡蠣を料理する際には、しっかりと火を通します

また、食器や調理器具はきちんと消毒するのが有効です。

特に85度以上の熱湯をまな板や包丁にかけるようにしましょう

牡蠣などを調理したまな板で他の食材を調理する際にも注意が必要です。

他の食材を調理する前にきちんと消毒をするか、可能であれば別のまな板を使うようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスの予防にラクトフェリン!ヨーグルトを食べると効果がある?

 

お勧め関連動画


スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る