ノロウイルスになったら出席停止はどれくらい?いつから登園・登校できる?

子供がノロウイルスにかかってしまい、下痢や嘔吐の症状が出たら、親としては心配ですよね。その場合、どのくらい幼稚園や学校を出席停止させないといけないんでしょうか?どのような症状になったら登園・登校出来るのか、まとめてみます。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスに効く食べ物にヨーグルトやヤクルト?予防に効果がある?

 

ノロウイルスの原因

ノロウイルスの原因は、体の中にノロウイルスが入り感染することによって起こります。ノロウイルスに感染して、大体24~48時間以内に風邪や下痢、嘔吐などのような症状が出てきます。また、早い場合だと6時間程度で症状が出ることもあるようです。

関連記事→牡蠣からノロウイルス感染?予防のための加熱時間と方法を紹介!

 

ノロウイルスの感染方法

感染方法はいくつかあるのですが、主なものに嘔吐物などの飛沫を吸うことによる「飛沫感染」汚染された嘔吐物や便を直接触れることによる「接触感染」汚染された便などが乾燥して、ウイルスが空気を舞うことによって感染する「空気感染」があります。また、汚染された食べ物を食べたり、汚染された調理器具を使った場合にも感染する可能性があります。

現在は、直接ノロウイルスに効くワクチンなどはないため、ノロウイルスにかからないように予防することが一番大切だといわれています。また、ノロウイルスにかかってしまうと、整腸剤や吐き止めなどの薬で、調子を整え、安静にするのが一番早く治る方法です。

関連記事→ノロウイルスの完治までの治療法は?早く治す方法はある?

 

ノロウイルスにかかった場合の出席停止期間

インフルエンザなど感染力が強い病気だと、病院で処方されると、国の学校保健安全法により幼稚園や学校を休まなければならない出席停止期間があります。子供が感染した場合は、出席停止となり、登園・登校はさせられません。他にも、マイコプラズマ肺炎や溶連菌感染症が出席停止期間があります。

ノロウイルスも11月~2月をピークに冬場によく流行るので、出席停止期間があるかと考えがちですが、そういったものがありません。しかし、感染力が強いので、ノロウイルスにかかったら、登園・登校を慎重に行わなければなりません。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスにヤクルトの乳酸菌が効果的!予防になるの?

 

いつから登園・登校できる?

ノロウイルスにかかった場合の出席停止期間はないのですが、子供の登園・登校については親が判断しなければなりません。まずは熱があり、下痢や嘔吐の症状が出ている3~7日程度が、一番ウイルスが強く、周りへの感染力も高いといわれています。そのため、その間は学校を休ませましょう。

症状が治まっても、2週間~4週間程度は、体内にノロウイルスが残っています。その間は、飛沫感染や空気感染などで、周りにも二次被害をおこしてしまう可能性があります。ただ、ウイルスが体に残っているからといって、そんなに長期でお休みさせるわけにもいきません。そのため、その間は使う手洗い場や食器などに気を遣うようにしましょう。

また、手洗いはしっかりとして、また体調が戻らないようにします。手洗いの仕方はつめの間から手首まで石鹸をつけてしっかり洗うことと、タオルは他の人と共有せずに、常に清潔なものを使いましょう。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスの潜伏期間は?空気感染予防はどうする?症状や食べ物の原因を紹介!

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る