ノロウイルスにヤクルトの乳酸菌が効果的!予防になるの?

寒くなり、私の周りでもノロウイルスにかかる人が増えてきました。ノロウイルスは、抗ウイルス剤や予防接種がないんですよね。そのため、感染すると整腸剤などを飲み、水分補給をしっかりして、症状が治まるのを待つことが必要になります。

ノロウイルスはかかる前に予防することが大切なのです。予防には手洗いをしっかりしたり、ノロウイルスにかかりやすい食べ物を食べるときにはしっかりと火を通すというものがあるのですが、それ以外にもヤクルトの乳酸菌が効果的なのです。詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク


関連記事→ノロウイルスに効く食べ物にヨーグルトやヤクルト?予防に効果がある?

ノロウイルスの原因

ノロウイルスに感染するには、ノロウイルスにかかっている人の汚物などから飛沫感染、牡蠣などノロウイルスに感染されている食べ物をしっかり火を通さずに食べることによる感染など様々な原因があります。ノロウイルスに感染すると、腸内の働きが悪くなり、下痢や嘔吐をしてしまいます。

基本的には、下痢止めなどは使用せずに、体の中のウイルスがすべて出てしまうのを待つしか完治の方法はありません。下痢止めの代わりに、整腸剤などを使用することが多いのです。

整腸剤は腸を整える薬のことで色々な種類がありますが、乳酸菌が含まれているものが多く、乳酸菌の力で善玉菌の働きをよくして、腸内環境を整えます。乳酸菌が増えると悪玉菌が増えるのを抑え、腸内のバランスが良くなるのです。悪玉菌が増えてしまうと、肌荒れが起こったり便秘になったり、色んな症状が出てきます。

関連記事→ノロウイルスの完治までの治療法は?早く治す方法はある?

 

ヤクルトに含まれるシロタ株の効果

ヤクルトにはシロタ株という乳酸菌が含まれています。シロタ株は胃などを通過するときに胃液にも負けず、腸まで生きたまま到達することが出来るのです。そして、腸内を整えてくれる役割を果たします。

腸内の環境を整えて善玉菌が増えると、風邪などを引きにくい免疫力の高い体になります。ノロウイルスは腸内で増えることにより発症します。乳酸菌のお陰で腸内の免疫力が高まると、ノロウイルスにかかりにくい体になるのです。

 

ノロウイルスとヤクルト

ちなみに、ノロウイルスにかかってしまうと、下痢により腸内の善玉菌も一緒に出ていく可能性もあります。ヤクルトはノロウイルスの予防だけでなく、ノロウイルスにかかった後にも腸内の環境を整えてくれるいい働きをしてくれます。

ヤクルトはスーパーなどでも売っていますが、ヤクルト400といった、ヤクルトレディのお姉さんが売っているものの方が、シロタ株の入っている量が多いのです。なんと、1本(80ml)あたり400億個のシロタ株が入っています。

ヤクルトを飲むと、どうもうまく混ざらずに、飲み終わった後に、下に白い沈殿物が残るんですよね。ヤクルトレディのお姉さんに伺ってみたところ、それが栄養が高い部分だそうなので、残らないように飲む前に箸だとできちんと混ぜるようにしてくださいね。

ただ、ヤクルト400は1本あたり62kcalもあるので、飲み過ぎには注意してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事→ノロウイルスの潜伏期間は?空気感染予防はどうする?症状や食べ物の原因を紹介!

 

まとめ

ヤクルトはノロウイルスの予防になるだけでなく、ノロウイルスにかかった後にも腸内環境を整えてくれるいい働きをしてくれるんですね。他にも便通をよくしたり、良い働きをしてくれるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

関連記事→牡蠣からノロウイルス感染?予防のための加熱時間と方法を紹介!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る