赤ちゃんの頭皮に赤い湿疹?原因や対処法を紹介!

赤ちゃんの頭皮に赤い湿疹ができていることってないですか?何か病気?何が合わなかったの?と気になりますよね。原因と解決方法について、まとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの頭皮が乾燥してむける!保湿の方法を紹介!

 

赤い湿疹は何?

頭皮に限らず、顔や体にも出る可能性があるのですが、赤い湿疹を乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)といいます。見た目がニキビのようにも見えるし、肌が油分が多くて、テカテカしている場合もあります。

乳児脂漏性湿疹は、大体生後2週間から1年くらいの赤ちゃんがよくなる病気で、季節は関係なく症状があらわれます。頬や口のまわり、あご、額、頭がメインに赤いポツポツした湿疹が出たりします。他にも、肌がカサカサになったり、うろこやかさぶたのようなものが出来たりします。主に大体生後2週間から1年くらいの赤ちゃんがなる病気です。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの頭皮にうろこやかさぶた!ふけが臭い場合の対処法は?

 

乳児脂漏性湿疹の原因は?

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんが汗をかいたときに毛穴がつまったり、汗のせいでできた汚れがたまったり、ご飯を食べた後に口の周りに食べ残しが綺麗に拭き切れてなかったことなどが原因で起こります。痒みや痛みがないことがほとんどなのですが、症状が進むと、皮膚が荒れてしまい、ジュクジュクすることもあります。

赤ちゃんの肌は、大人と比べて皮が薄く、弱いです。そのため、刺激が弱いシャンプーなどを使っていても、それが負担になっていることもあります。それが原因で湿疹が出ることも多いのです。

関連記事→赤ちゃんのしもやけってどんな症状?対処法は?

 

乳児脂漏性湿疹の対処法は?

乳児性脂漏性湿疹を早く良くするためには、まずは肌を清潔に保つことです。赤ちゃん用の低刺激シャンプーを使っていても、それが負担になっていることがあります。また、シャンプーをするときに、あまり力を入れて、ごしごしとしていないかを確認しましょう。シャンプーが刺激が強すぎるようでしたら、石鹸で洗うのもよいでしょう。どちらがいいというわけでもないので、赤ちゃんに合ったものを選ぶようにしましょう。

どちらにしても、無添加・無香料・無着色なものがいいですね。ボディソープだと、保存期間を長くするために、添加物が入っていることも多いです。きちんと買う前に成分を確認してくださいね。

頭や体を洗った後は、清潔なタオルで優しく水分をふき取るようにします。

そのあとは、ベビークリームやベビーローションなどで保湿をします。大人のニキビと同じく、赤い湿疹が出ているのは、油分が多いわりに水分が不足しているのも原因となっています。そのため、乾燥させないようにしっかりと保湿をさせるようにします。

ベビークリームやベビーローションも、無添加のものを選びましょう。オーガニックのものはおすすめです。私が使ってみてよかったのが、保湿成分が95%以上のミルクベビーローションぬくもりミルクローションでした。



関連記事→赤ちゃんの乾燥が気になる!保湿はいつから?おすすめの方法はある?

 

薬は使っていい?

赤い状態が続くと、炎症し、アレルギー反応が出ることもあります。肌を清潔にして、保湿をしっかりとしても赤い湿疹が治らない場合は病院に行って、お医者さんに相談するようにしましょう。ついつい、自分で薬を買って塗りたくなるかもしれませんが、もしかしたら他の原因がある可能性もあるので、自分で判断はしないようにしましょう。

 

まとめ

赤ちゃんの赤い湿疹を最初に見たとき、ビックリした記憶があります。「こんなに小さいのにニキビができるの?」と思いました。でも、肌を清潔に保つようにしっかりとケアしたら、数週間後にはすっかり良くなりました!それから保湿をきちんとするようになったら、それ以来赤い湿疹は出なくなりました。

ベビーローションを塗ってあげるとき、マッサージをするように優しくぬると、赤ちゃんとのスキンシップにもなっていいですよ!ぜひお試しください!

 

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの保湿、顔にも塗れるクリームやベビーローション13選!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る