お年玉の使い道ランキング!高校生編!相場はどれくらい?

もうすぐお正月ですね。お正月といえば子供たちが楽しみにしているのは、お年玉です。親としては、どれくらいの金額を用意すればいいのか、悩みますよね。高校生のお年玉の相場と使い方ランキングについてまとめてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!大学生編!相場はどれくらい?

 

高校生のお年玉の使い方ランキング

5位 漫画や本を買う

漫画や本を買う子は多いです。漫画や小説も、昔だったら紙が当たり前だったのですが、今だとアプリをスマホにダウンロードして読めるものが人気です。無料のものもありますが、ある程度読もうとすると課金が必要なタイプもあります。こちらの課金にお年玉を使うという子もいるようです。

また、本も紙の媒体だけでなく、電子書籍で読んでいる子もいるようですね。お年玉を使って、kindleなどの電子書籍リーダーを買う子もいます。電子書籍リーダーだとたくさんの本を一気に持ち歩くことが出来るので便利ですね!

 

4位 CDやDVDなど音楽関係のものを買う

CDやDVDだけでなく、最近だとインターネットでMP3でダウンロードして買ったりもします。また、お年玉で音楽プレーヤーやイヤフォンを買う子もいるようです。音楽プレーヤーもいいものはなかなか高いですし、自分のお小遣いでは買えないから、こういうチャンスに買う子は多いみたいですね。

 

3位 洋服を買う

お年玉で洋服やアクセサリーを買う子も多いです。好きなブランドがある子は、初売りの福袋やバーゲンを狙って買いに行くみたいですね。私も初売りの時に、限定の福袋を買うために、並んだ記憶があります。もう何十年も前の話ですが、時代が変わっても、そこは同じなんですね。

 

2位 友達と遊ぶ

高校生にもなると、友達と出かけるのに交際費もかかるようになります。友達と一緒にご飯を食べに行ったり、お茶をしたり、美味しいデザートを食べたり、お金も必要ですよね。お年玉を友達との交際費に使っている子も多いみたいですね。

 

1位 貯金

堂々の1位は、やはり貯金でした。小学生から大学生まで、どの年代を見ても、1位は貯金という子が多いです。ただ、お年玉の中ですべてを貯金するわけではなくて、いくらかは欲しいものに使い、残りを貯金するという子も多かったです。貯金の方法は、自分で貯金する子もいれば、両親に預けている子もいました。預かった両親は、子供の代わりに貯金して、将来大学進学や結婚などの費用が必要な時に使えるようにと足しにしているようです。

 

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!中学生編!相場はどれくらい?

 

高校生のお年玉の相場

高校生のお年玉の相場は、家庭によって多少ばらつきもありますが、1万円~5万円くらいもらっている子が多いです。総額の平均は2万6千円でした。

一人当たりにもらうお年玉の金額は一番多いのが5千円2位が1万円でした。ちなみに3位が1万円より多くもらう子で、高校生でも多くもらっている子も多いんですね。

関連記事→お年玉の使い道ランキング!小学生編!相場はどれくらい?

 

お年玉はいつまであげる?

お年玉をあげる時期ですが、高校卒業後にすぐに働き始める子は、お年玉は高校生までという子が多く、全体の約30%が高校卒業と同時にお年玉をもらうのが終わるようです。次に多いのが20歳まで、その次が大学卒業の22歳まででした。

関連記事→お年玉の相場、赤ちゃんはいくら?貯金する?

 

まとめ

いかがでしたか?昔はMP3プレーヤーや電子書籍などはありませんでしたが、本や音楽関係にお年玉を使うというのは、昔から変わっていないですよね。お年玉の金額も、私が高校生の時と、あまり変わっていないように思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサードリンク

関連記事→子供のお年玉、管理はどうする?買うものランキングも紹介!

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る