お年玉の使い道ランキング!中学生編!相場はどれくらい?

中学生のお年玉、使い道のランキングや相場について気になりますよね。私が以前塾で先生をしていた時に、私の生徒は主に、中学生、高校生でした。皆、楽しいことが大好き!遊びたい真っ盛り!こんなキラキラした年代の子供達です。さて、そろそろ年の瀬。この時期になると話題に上がるのがお年玉です。私たちの子供時代は、お年玉の相場と言えば総額1万円程度でしたが、最近はなんだか上がっている気配。よってその使い方ランキングも変化しているように感じます。これは私が彼らに直接リサーチした、お年玉の使い方。ズバリ、彼らは何にお金を費やすのでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!大学生編!相場はどれくらい?

 

中学生のお年玉の使い方ランキング

◆第3位 お家の人に預ける

意外に思われるかもしれませんが、やっぱりこの伝統は根強く残っています。何を隠そうこの私も、もらったお年玉は「ひとまず預かってあげるね」という母親の一言と共に、どこか手の届かないところへと消えていきました。もちろん、後々学費や習い事の資金へと姿を変え、私自身に還元されるわけですが、子供からすれば何とも言えない違和感を感じていたのも事実です。しかし、子供ながらに「これにとやかく反論すれば痛い間に合うぞ」と薄々感じていたのも事実です。

 

◆第2位 好きな有名人のグッズ

最近では、中学生もスマホを持っている時代。もちろんインスタやフェイスブックなどSNSを使って世界中のあらゆる情報を手に入れることができます。こうして彼らの興味の矛先になったのは、それぞれの大好きな有名人や芸能人。女子であれば人気モデル、男子であれば人気芸人など、現代の中学生のお年玉は、憧れの人のグッズやコンサートに使われる様子。もちろん相場によって買えるものも変わってきますが、お年玉を全額費やし、足りない分はお家の人に助けてもらうなどして、ずっと欲しかったものを手に入れ、見たかったものを見て、会いたかった人に会いに行く。こんな使い方がブームなようです。

具体的なところでいうと、一人の生徒はどうやら、今年のお年玉を見越して「人気youtuberが集まるお祭りに行くんだ!」と意気込んでいました。そうか、最近の中学生はyoutuberにお金を費やすんだ…!使い方ランキングやわ紐解くと、確実に時代の変化を感じる私なのでした。

関連記事→お年玉の相場、赤ちゃんはいくら?貯金する?

 

◆第1位 ゲーム

男の子も女の子も、多くの中学生が声を揃えて欲しがっていたのは、今人気のゲーム機、任天堂switchやPS4!そう、いつの時代もゲームは、お年玉の使い方ランキングの上位に位置するようです。ゲームをしない私にとって、その値段は未知数でしたが、調べてみると高い高い!とても普通のお年玉の相場では買えそうにない金額です。

ですが、多くの場合「お家の人とお金を出し合って買う」というケースも見られます。どうやらお父さん、お母さんも実は兼ねてから欲しかった?!子供に買ってあげるという名目で、ちゃっかり自分達も楽しもうと企んでいるのかもしれません。しかし当の本人達はそんなことはつゆ知らず。むしろ「足りない分はお母さんが出してくれるんだー!」なんて、幸せそうな顔をしています。

「ゲームばかりしてるとバカになっちゃうよ」なんて、頭ごなしに叱る時代はもう古い?!家族の交流が少なくなったと言われる現代。昔はテレビだった一家団欒の象徴が、今ではゲーム機になったのかもしれません。ゲームを囲んで会話するひと時があってもいいじゃない!

そんなことも思った一コマなのでした。

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!高校生編!相場はどれくらい?

 

中学生のお年玉の相場

中学生のお年玉の相場は家庭によって幅がありますが、大体合計で1~3万円くらいの子が多いようです。もらう人は祖父母、叔父叔母、伯父伯母、両親が主ですね。たまに小さい時から付き合いのある、近所のおばちゃんなどからもらう子もいるようです。一人当たりが1000円~5000円くらいの子が多いですね。ただ、先ほども言った通り家庭によって差がありますので、他の人と比べて、うちは少ないとか多いとかそういう風には感じないようにしてください。

関連記事→子供のお年玉、管理はどうする?買うものランキングも紹介!

 

まとめ

お金に関することってなかなか人には聞きづらいですよね。お年玉を何に使うかというのも家族で話すと楽しいですよね。ぜひ家族で団らんしてくださいね♪

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!小学生編!相場はどれくらい?

 

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る