赤ちゃんの冬の布団はどうする?蹴る場合の対処法!暖房はつける?

冬の寒さが本格的になってきましたね。日中は、ポカポカでも朝晩は、グッと冷え込み朝布団から出るのが嫌になってしまいます。ですが起きてみると我が子が布団を蹴散らして手足が氷のように冷たくなっていることは、ありませんか?

いつから布団をかぶっていなかったのだろう。こんな手足が冷たくて風邪を引いてしまうのでは、ないかとても心配になります。今日は、赤ちゃんの冬の布団や布団を蹴る場合の対処法、暖房をつけるべきか気になるところをまとめました。かわいい我が子のために悩んでいるママのお力になれれば幸いです。

スポンサードリンク

関連記事→スノーブーツのキッズは防水が人気!おすすめ16選紹介!

 

赤ちゃんの冬の布団は、どうすればいい?

赤ちゃんは、大人が思っているより暑がりです。体温も大人より高く日中の服も大人よりも一枚少な目でというのもよく聞きます。住んでいる地域にもよりますが寒い地域では、薄手の毛布と掛け布団、薄手のタオルケットと軽い掛け布団などがよいでしょう。

寒そうだからとたくさん布団をかけると、赤ちゃんは布団の重たさで苦しくなってしまいます。布団=重たい=嫌いとなってしまったら赤ちゃんは、布団をかけるだけで嫌がってしまいます。

うちの1歳半の娘がそうなのです。寝かしつけしているときに布団をかけるとすごく嫌がって泣きます。親としては、しっかり布団をかけたい気持ちですが赤ちゃんは、眠たくなってくると体温が上がっていくので寝入る直前は暑いんだと思います。なので嫌がるなら無理にかけなくてもいいと思います。寝入ってからソ~っとかけてあげてください。

スポンサードリンク

関連記事→子供乗せ自転車の防寒どうする?グッズやアイディア紹介!

 

赤ちゃんが布団を蹴る場合の対処法

赤ちゃんが布団を蹴る理由は、シンプルに暑いのです。本当に寒い場合は、体を丸めて泣くそうです。人間のあるべき姿ですよね。

手足が冷たいのも赤ちゃんは、まだ体が未発達なので体温調整がうまくできません。なので手足を冷やし体も中心に熱をためて熱が逃げないようにしているんだそうですなので足が冷たいから靴下をはかせたりというのは、必要ありません。

ですがお腹が冷えたりするのは、お腹が痛くなったり便が緩くなってしまったりする心配もあります。お腹が冷えないように腹巻つきのパジャマにするかスリーパーという便利なものがあるので使ってみましょう。

スリーパーは、腕はでていてベストみたいになっていて足元まである着る布団みたいなものです。生地は、いろんな素材がありますが、あまり暑すぎると着てしまっては、蹴ることもできないのでタオル生地のものやコットン素材のものもおすすめです。

関連記事→赤ちゃんやキッズにスリーパーで冬もぬくぬく!フリースなどおすすめ紹介!

 

暖房はつけるべき?

赤ちゃんにとって適温が18℃~24℃といわれています。暖房をつけて寝てしまうと暑すぎて帰ってまた布団を原因にもなりかねません。赤ちゃんが暑がっていることに気付かず脱水症状も起こしてしまうかもしれません。

暖房をつけっぱなしで寝ると乾燥も気になりますね。ホットカーペットなどもねんね期の赤ちゃんですと動けないので火傷の恐れもあるのであまり使用しないほうがよいですね。

寝るときは暖房ではなく、服装や布団を工夫して寒さ対策されるのが一番いいと思います。ですが住む地域によって、暖房なしでは寒すぎる場合は、加湿器や部屋に洗濯物を干すなどの工夫をしてみてください。

関連記事→赤ちゃんの乾燥が気になる!保湿はいつから?おすすめの方法はある?

 

まとめ

赤ちゃんは、布団を蹴るものです。蹴るたびに心配になり起きて布団をかけなおしていると逆にママが風邪をひいてしまいますね。パジャマやスリーパーを上手につかい気付いたときに布団をかけなおすくらいでちょうどいいと思います。今日は、ママ、赤ちゃんともに心地よくおやすみできますように。

スポンサードリンク

関連記事→キッズブーツやジュニアブーツ、選び方や女の子のおすすめ11選紹介!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る