冷えとり健康法って効果はある?めんげん場所を説明!

冬場は特に、靴下を履いて寝たいくらい…。冬の冷え性は辛いですよね…。医師の進藤義晴氏が提唱しているという冷え取り健康法「頭寒足熱にして万病を治す」という健康法は、最近のあらゆる健康法の中でもとても気になる健康法だったりしますよね。

漢方やアーユルヴェーダなどの考え方からも人は二極、もしくは何かしらの力でバランスを取っているものです。冷え取り健康法の場合は、樹でいう根っこである人の足にエネルギーを引き寄せて、上にエネルギーを送るパワーを養う考えとして解釈できます。その下から上に押し上げる力が強ければ心身健康で保てるという考え方だと思うのですが、冷え取り健康法とはいったいどのようなものなのでしょうか?

今回は話題の冷え取り健康法について検証してみたいと思います。

スポンサードリンク


関連記事→赤ちゃんの頭皮に赤い湿疹?原因や対処法を紹介!

 

冷えとり健康法とは何?

人の身体を半分の上半身と下半身に分けた時に、身体の温度には6℃前後の差があるというのです。脇の下ではかった温度が36.5℃なら、下半身の温度は30℃くらいですよね。では下半身を温めて身体温度を上げて身体の循環を良くしようというのが、冷え取り健康法の考え方なんですね。

シルクの五本指靴下と肌に密着する部分には、天然のコットンを使うのですが、理屈を解釈すれば、足が温まり汗をかけばまた、足は冷えます。コットンやシルクなどの天然素材によって水分が吸収されることによって足の温かいままの温度を維持することができるのですが、いったい冷え取り健康法では何を期待できるのでしょうか。

関連記事→赤ちゃんのしもやけってどんな症状?対処法は?

 

冷えとり健康法で期待できる効果は?

東洋学では足首や手首などの身体の造りがかわる地点や分岐点などは身体の循環が滞りやすい場所として、リンパやツボとして重要な場所としてマッサージやツボ押しなどが行われてきました。このような原理と同じで滞りやすい末端を温めて身体の循環をよくしておこうというのが、冷え取り健康法の考え方なんですね。

なので、自宅でできる場合は、足湯や、ストレッチの足首回しや、足指開きなどのストレッチなども冷え取り健康法の一つです。

冷え取り健康法の食事の場合、精製されていないものを選ぶことをすすめています。最近ではマクロビオテイックなども流行っていますが、生き物自体がそうですが、進化の過程で行われてきた過程にはあらゆるエネルギーが発生しています。

白米も精製された白米よりも玄米の方が栄養がとれるのではないかという考え方です。しかしながら、食品によっては、人にとって火を通さなければ摂取しづらい食事などもあるので注意が必要ですね。適度な運動は筋肉量を増やすので、エネルギーも循環しやすいことから適度な運動を推奨しています体内の水分バランスは適度な温度で保たれていることから、なるべく暖かい水分を心がけようということなんですね。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの乾燥が気になる!保湿はいつから?おすすめの方法はある?

 

めんげん場所を説明

冷え取りの論理はわかったけど、よく言われるめんげんってなに?って思いますよね?めんげんとはもともと東洋医学の言葉で、鍼や灸などから来ている言葉です。

漢字で書くと、瞑眩と書くのですが、靴下が破れてくるところからエネルギーがついてきているところがわかる、という考え方です。また、破れたところで毒だしされた場所がわかるとよく言いますが、東洋医学の考え方から考えると、足の反射区から毒だしされたところを解明していくのだとすると、足の反射区では、足の一番底の足の底辺と私たちの身体のツボや経絡を結んでみます

すると足の反射区から、身体のどの臓器が弱っているかを診断できます。靴下が破れるということは、そこにエネルギーが生じた、イコール、そこにエネルギーが流れている、イコール、そこの場所の滞りがとれた!という考えなんですね。そのような反応を好転反応ととらえるのが、めんげんの考え方です。

関連記事→セーターのチクチクを解消する方法が知りたい!

 

まとめ

私たちの身体は髪の毛から足の底まですべてが繫がっていますよね。髪の毛の艶や、足の裏のたこ一つとっても、私たちの目に見える人の状態は体内や内臓の鏡だと言われている位です。

足の底が冷えないことは、重力に逆らう力、つまり私たちの身体に自活力がある!という現れなのです。誰しも健康でエネルギッシュな生活を送りたいものですよね?

冷え取り健康法は、日々の生活の中でちょっとしたことでできる、私たちが健康でいられるための毎日の積み重ねです。足の底から身体を温めて、元気な身体で毎日を過ごしたいですよね。

今回は、意外や意外!自宅でも簡単にできる、冷え取り健康法をご紹介させていただきました!

冷えとりにおすすめな靴下も紹介しますね。こちらは4枚セットになっているので使いやすいですよ。

 

おすすめ関連動画

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの保湿、顔にも塗れるクリームやベビーローション13選!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る