子供のお年玉、管理はどうする?貯金?買うものランキングも紹介!②

◀◀前のページへ

お年玉の使い方のいろいろなランキングを見てると貯蓄に回したという事が1位になっています。また、最近のお年玉の使用ランキングで多いのがゲームやおもちゃに使うという事が多くなってきています。2位や3位の上位に位置する事が多いです。確かにゲームの高額化とそれに伴うゲームソフトの値段の高額化はお年玉利用につながると思います。

親に言っても高額の為に購入してもらえず、購入したい時には自分のお小遣いを使用する事に繋がります。おもちゃについても同じことが言えます。メインのおもちゃだけでは遊べず、オプションが必要となる関係上お金が必要になっています。

スポンサードリンク

スマートフォンが流通してスマートフォンを利用したゲームをしていて、課金システムにお金を使う子どもたちも多くなってきています。数百円と安い課金もありますが、これが重なると数千円になってしまっている子供もいます。楽しい事はわかりますが、これは悩んでいる親も多く、困ったものです。

また、昨今の女の子では多いのが、おしゃれに使う子供です。大人ではなく小中学生の子供達がすでにおしゃれが大好きなんですね。

お正月に頂いたお年玉を利用して、かねてから欲しかった服やアクセサリー購入に使う子供もいます。おしゃれの低年齢化は数年前から言われていましたが、ここ数年ではかなり進んできています。

化粧品なども低年齢化してきて、親も認めている家庭もあります。中高校生が化粧していても驚くことが少なくなりました。お正月には初売りもおこなわれ、それに伴って親も一緒になって洋服やアクセサリー購入という事もあります。

子どもらしいと思われる本や文房具、お菓子などの購入にあてる子供もいますが、あまり順位の高位には出てきません。最近上位に入ってきているのが、ライブやコンサート・映画や遊園地というような使い方も増えてきています。

スポンサードリンク

ディズニーリゾートやUSJといった大規模遊園地の人気は衰える事をしらず、毎年たくさんの人が訪れています。テレビでもラジオでも取り上げられる事が多く、日常生活とは異なる夢の場所という事で老若男女好まれています。それなりに金額もかかり、行ったときにお土産代も考えるとお年玉などの高額の収入から出費が一番効率的に使えるお金という事で使用されます。

ライブやコンサートについても低年齢化も進み、親と一緒に見る事ができるコンサートも増えました。人気のある歌手のコンサートに出かける子供たちも増えました。映画も数年前までは人気が下降気味ていましたが、昨今は映画館も工夫され子供たちの見る映画も増えて、小学生以下でも楽しめる映画も増えてきています。子供向けの映画に列ができるという場面も見られます。

年々お年玉のランキングに入ってくる内容が変わってきています。お年玉の相場も変わってきていますが、それを使う用途も少しずつこれからも変わってくる事でしょう。

スポンサードリンク

関連記事→お年玉の使い道ランキング!大学生編!相場はどれくらい?

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る