赤ちゃんのしもやけの原因と対策は?予防法や直し方も紹介!

 

今年も寒い季節がやって来ました。

毎年しもやけが出来る人には辛い季節ですよね。

特に赤ちゃんの小さな手足にしもやけが出来るとお母さんも心配ですよね。

赤ちゃんは大人よりも、しもやけが出来やすいので注意が必要です。

では、赤ちゃんのしもやけはなぜ出来るのでしょうか。

原因や症状、予防法や、出来てしまった時の対処法などをご説明していきます。

スポンサードリンク

関連記事→子供が便秘気味!どうやって解消する?マッサージは?

 

赤ちゃんにしもやけが出来る原因

しもやけは正式名称を「凍瘡」といい、毛細血管の循環が悪くなる事で出来る疾患で、主に手足や顔、耳たぶなどに良くできます。

赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄いので、皮膚の毛細血管の循環が悪くなりやすく、しもやけになりやすくなります。

それに加えて、赤ちゃんは汗腺が多く、大人よりも汗をかきやすいので、より皮膚が冷えやすくなってしまいます。

また冷え性の体質もしもやけの原因となります。

冷え性の体質は遺伝するので、ご両親がしもやけが出来やすかったり、冷え性の場合には注意が必要です。

次に、赤ちゃんに出来るしもやけの症状についてご説明します。

しもやけになると、手足の皮膚が赤~赤紫色に変わって腫れます。

この症状を樽柿型」(たるがきがた)といいます。

また、耳たぶ、顔には赤い発疹が出ます。

この症状を多形滲出性紅斑型」(たけいしんしゅつせいこうはん)といいます。

どちらも悪化すると水膨れになったりジュクジュクになってしまいます。

特に赤ちゃんは「樽柿型」のしもやけになりやすいと言われています。

冷えている時にはジンジンとした痛みがあり、お風呂などで暖まると痒みが生じます。

なぜ暖まると痒みが生じるのかというと、冷えで縮んでいた毛細血管が一気に開く事で周りの皮膚が刺激され、痒みの原因となるヒスタミンが出るからだと言われています。

スポンサードリンク

関連記事→乳児湿疹とアトピーの違いって何?どうやって対処すればいい?

 

しもやけの予防法について

しもやけを予防するには、まずは身体や手足を冷やさないようにすることが大切です。

しかし、その際に手袋や靴下などで汗をかいてしまうと逆効果なのと、締め付けにより血流が悪くなってしまうので、あまりきつくないものを着用させ、汗をかいていないかこまめに確認してあげましょう。

また、皮膚の乾燥はしもやけを悪化させるので、赤ちゃん用の保湿クリームやワセリンなどでこまめに保湿をしてあげるようにしましょう。

次に、赤ちゃんにしもやけが出来てしまった時の対処方法をご説明します。

赤ちゃんにしもやけが出来てしまった場合、お風呂などで急に暖めると痒みが酷くなるので、最初は患部をぬるま湯につけるなどして、徐々に暖めてあげるようにします。

また、保湿クリームを塗る際には患部が冷たい時より暖まっているときに、優しくマッサージをするように塗ると良いです。

ただし、水疱が出来ていたり、患部がジュクジュクしている場合には、感染予防の為にも皮膚科を受診して、処方された薬を塗るようにしましょう。

また、寒暖さもしもやけの症状を悪化させるので、外に出るときには手足が直接風に触れないようにベビーカーでは足まで毛布で覆ったり、緩めの手袋や靴下を着用しましょう。

その際には、汗をかいたらこまめに拭くようにしましょう。

赤ちゃんがしもやけで痛くて痒い思いをしなくて済むように、しっかりと予防、対策をしてあげましょう。

関連記事→子供のシラミ症状や予防法は?シラミ卵の駆除方法は?

お勧め関連動画

インフルエンザが流行っていますね。
インフルエンザについてまとめた記事はこちらになります。
関連記事→インフルエンザについて詳しく知りたい!まとめ記事

余裕がある方はぜひ使ってほしい布おむつ。
布おむつについてまとめた記事はこちらです。
関連記事→布おむつについて詳しく知りたい!まとめ記事

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る