抱っこ紐の防寒グッズ、ケープやカバーを紹介!ダウン素材が人気

寒い季節になりました。この時期外にお出かけも億劫になってしまいますよね。赤ちゃんがいると風邪を引いてしまわないか心配になってしまいます。抱っこ紐で毎日の買い物に出かける時も、お腹はママとくっついて温かそうですが、肩や背中や足は飛び出しているのでとても寒そうです。

ママは上着を着ればいいですが、赤ちゃんは厚着をさせてしまうと抱っこ紐の肩ベルトの調節をしないといけないのでとてもめんどくさいですね。

そんなときは、抱っこ紐専用防寒カバーや防寒ケープ、ママコートなどを使えば赤ちゃんも温かいですし、ママも楽ちんでいいですよね。なおかつオシャレなものがあれば寒い日のお出かけも楽しくなるはず。今日は、抱っこ紐の防寒カバーの選び方やおすすめを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんやキッズにスリーパーで冬もぬくぬく!フリースなどおすすめ紹介!

 

抱っこ紐用の防寒グッズの選び方紹介

抱っこ紐の防寒グッズは、防寒カバーとママコートがあります。防寒カバー赤ちゃんだけを覆ってくれるもので取り外し簡単でベビーカーに取り付けできたり自転車のチャイルドシートに取り付けできたり長く使えるので他にいらない買い物をせずに済みそうです。

ママコートは赤ちゃん覆う用の同じ生地をママコートに取り付けして、ママと赤ちゃんが一緒にぬくもりを感じられるコートです。普通のコートだと、ママは赤ちゃんと密着しているところは温かいけど、他のところは赤ちゃんがいて上着が閉められないし寒いのです。

ママ用の防寒コートは、赤ちゃんと一緒にスッポリ温かいのでママも快適に過ごせます。どちらも捨てがたい防寒グッズです。次におすすめ防寒カバーとママコートを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんの冬の布団はどうする?蹴る場合の対処法!

 

おすすめな防寒グッズはどんなもの?

抱っこ紐防寒カバー

こちらは、ergobaby専用防寒カバーです。エルゴとは、抱っこ紐メーカーの中ではよく耳にするのではないでしょうか?エルゴの抱っこ紐を購入、または、購入を検討されている方は多いはず。エルゴ専用ですのでエルゴの肩スナップと腰ベルトにぴったり装着でき、頭や足もしっかりフードとレッグポーチがカバーしてくれるので赤ちゃんは温かいですね。

 

こちらはBABYHOPPERという防寒カバー。特にエルゴにぴったりに作られている防寒カバーだそうです。表は水や汚れに強いテフロン加工でできているので雨っや汚れから守ってくれ、裏地は暖かく軽いボアでできているので軽くて暖かいです。どの抱っこ紐にも対応可でベビーカーにも装着可能です。足もスッポリ入るので赤ちゃんも寒くないですね。

使い方の動画もありますので見てみてください!

 

7AM ENFANTの抱っこ紐カバーです。ダウン生地でとっても温かそうですね。ポケットがついていて赤ちゃんと手をつなげて赤ちゃんの気持ちも温かいですよね。防水性の高い撥水加工が施されているので、急な雨や雪でも安心ですね。こちらもどの抱っこ紐にもベビーカーにも対応可です。

 

こちらは、抱っこ紐を使いながら赤ちゃんと着れるママコートです。キルティングコートでカジュアルで動きやすいコートです。しかも抱っこ紐カバーとしてでもベビーカーにも取り付け可能ですのでいろいろ買い揃える手間もお金も省けます。

 

こちらも抱っこ紐しながら赤ちゃんと着れるママコートです。ダッフルコートでおしゃれ。これなら抱っこ紐が必要なくなってもずっと使っていたただけるコートですね。こちらも抱っこ紐カバーにもベビーカーにも取り付け可能です。

 

こちらも抱っこ紐しながら赤ちゃんと着れるママコートです。ダウンコートになっているのでかなり温かいでしょう。寒い地域にお住いの方におすすめです。こちらも抱っこ紐とベビーカーに取り付け可能です。

関連記事→子供乗せ自転車の防寒どうする?グッズやアイディア紹介!

 

まとめ

今お住まいの地域などによると思いますが防寒カバーにも薄手のものからダウン生地までたくさんあります。それぞれの生活スタイルにあった防寒カバーが見つかると良いですね。しっかり防寒すれば赤ちゃんもママも温かいですね。寒い冬のおでかけが楽しくなりますように。

スポンサードリンク

関連記事→キッズブーツやジュニアブーツ、選び方や女の子のおすすめ11選紹介!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る