妊婦の靴はどう選ぶ?フラットやブーツなどおすすめや選び方を紹介!

妊娠すると体調の変化から体重が増えおなかも大きくなり、おなかが大きくなると体のバランスを保つために歩き方まで変わってしまいます。そんな妊婦に靴選びはとても重要になります。今日は、妊婦の靴の選び方、良い靴、良くない靴、おすすめフラット靴やブーツなどをご紹介していきます。

スポンサードリンク

関連記事→ニット帽のかぶり方紹介!ショートの前髪はどうする?ママでもお洒落を楽しもう!

 

妊婦の靴の選び方


妊娠初期は、つわりなどで体調を崩してしまう妊婦も多いです。妊娠初期だとまだお仕事される方も多いと思うので、今まで履いていたヒールのある靴や底のある靴だと貧血でフラッとしてしまったときにバランスがとれずとてもあぶないです。

階段や段差を踏み外し転倒してしまっては、妊婦さんも赤ちゃんにも影響があるかもしれません。ですので妊娠が発覚したらヒールのある靴よりもフラットな靴をおすすめします。

今までヒールの靴ばかりでフラットな靴に抵抗がある方は、ヒールよりウェッジソールや、インソールが入った靴でしたら抵抗なく履けるかもしれません。ですが、その場合もヒールの高さは、低いものを選びましょう。締め付けてしまう靴も足の血行が悪くなりむくみの原因になります。

妊娠後期になると、靴は関係なしにむくみがひどくなりますので、妊娠初期に履けていた靴が後期には履けないなんてことをよく聞きます。私も2足くらい履けなくなりました。そのうちの1つがレインブーツだったので雨の日は、困りました。

ワンサイズ大きくなる方もいるそうなのでワンサイズ大きくしてもいいかもしれませんが、大きすぎると次は歩きづらくて転倒したりしかねませんので、少し大きいくらいか伸縮する靴がいいですね。

スポンサードリンク

関連記事→ニット帽のおしゃれなかぶり方紹介!ロングはどうする?

 

妊婦に良い靴・良くない靴

スニーカー

歩きやすいスニーカーが一番安定して良いでしょう。ですが、おなかが大きくなるとどんどん足元が見えなくなってしまうので、紐靴だと結ぶのがすごく大変なんですよね。そんなときは、スリッポンなど紐がないタイプが良いでしょう。

 

バレエシューズ

オシャレしたいママには、もってこいの靴ですよね。ですがこちらも、硬い素材で伸縮性がない靴だと締め付けてむくみの原因になります。しかも、むくんでいることもすごくわかりやすいんですよね。私も履いていたのですが靴からむくんだ足がはみだしてあまり見た目がよくないのと、痛くてしまって出かけるときは良いのですが、帰りは悲惨でした。ですのでバレエシューズも伸び縮みしてくれる素材選びが重要です。

 

サンダル

夏は、サンダルも歩きやすくてよいですが、かかとがない靴は靴が脱げて転倒する恐れもあるので選ぶならかかとがあるサンダルにしましょう。妊婦には冷えは大敵!外は暑くてもお店に入って足が冷えることもよくあるので、靴下持参をおすすめします。

 

ブーツ

寒い冬はブーツもおすすめですが、脚まであるブーツで伸縮性が悪い靴だと足をしめつけてしまうのでむくみの原因になりブーツが抜けないなどトラブルもあります伸縮性があるムートンブーツなどでしたら冷えの対策にもなりますしおすすめですね。

同じ靴でも良いところ良くないところがあるので素材選びが重要ですね。

 

妊婦におすすめの靴

フラット靴

シンプルなスリッポンです。こちらは、服装選ばずなんにでも合いそうなスリッポンですね。履きやすそうで伸縮性も抜群です。スニーカーにあまり免疫のない妊婦さんは、お手頃ですしこちらから手を伸ばしてみるのも良いと思います。

 

1足もっていると大活躍しそうなバレエシューズです。伸縮性も十分あり、中にクッションが入っていて疲れにくそうです。インソールも入っていて1.5センチ!今までヒールしか履いてない方でスニーカーなどに抵抗がある方におすすめです。

 

年中使える素材でできているバレエシューズ。中は、クッション性に優れていてスポンジに足をいれたような履き心地だとか。デザインもカラーも豊富なのでおしゃれさんにおすすめです。

 

人気のUGGのスリッポン、モカシンです。こちらは、温かそうですしオシャレをしながら足元温めてくれるのでおすすめですね。素材は、柔らかい素材でできているそうなので履きやすそうです。ですがファーが中にたくさん入っているので甲高さんや幅広さんは、ワンサイズ大きいサイズがよいみたいです。

 

ブーツ

ふわふわムートンブーツです。こちらは、冷え対策もできますし妊婦さんにおすすめブーツです。クッション性もあるので疲れにくいそうで、靴底が滑りにくい素材になっているので安心です。

 

ブーツの温かさとスニーカーのカジュアル感がミックスしたオシャレ靴。伸縮性があって靴下を履いてもゆったり感の靴なのでもしむくんでしまっても足に負担がかからなさそうですよね。

 

人気のファーモカシンショートブーツです。こちらも温かそうで柔らかそうなので足を締め付けず歩きやすそうですね。履き方でまたグッと印象が変わる靴なので2度楽しめそうです。
関連記事→ニット帽を赤ちゃんに使おう!かぶせ方や選び方を紹介!

 

まとめ


もう1人の体では、ありません。かわいい我が子がおなかにいると思うと、足元から気をつけたいものです。靴によって素材も違うので同じ靴でも良し悪しあります。

ですので疲れにくい歩きやすい伸縮性のあるフラットな靴が妊婦さんにもおなかの赤ちゃんにも良いと思います。これから寒くなりますので、足元から温かくして履きやすい靴を見つけて、楽しいマタニティーライフなれば良いですね。

スポンサードリンク


関連記事→ニット帽のかぶり方紹介!ボブの前髪はどうする?ママでもお洒落を楽しもう!

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る