節分にいわしをなぜ食べる?柊に刺すのはなぜ?由来を紹介!

節分の日に豆まきをして恵方巻を食べるのが日本で古くから伝えられている伝統行事です。豆まきや恵方巻のほかにいわしも食べたりしますよね。当たり前のようにいわしを食べていたけど、どうしていわしを食べるのか?ちょっとした豆知識をまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆まきの由来が知りたい!どういう意味がある?渡辺さんはしない?

 

節分にいわしを食べる理由

 

MISAKOさん(@ash.mii)がシェアした投稿


節分は季節を分けるという意味をもち、季節のはじまりを節分と呼ぶんだそうです。昔は、立春(2月4日)がお正月だったそうで立春の前の日が大晦日ということになるんですね。ですので新しい年を迎えるために大晦日に魔除けとして悪い邪気を払うためにいわしを食べるのだそうです。

邪気を払うには煙も良いそうで、脂がたくさんのっているいわしだとたくさんの煙がでるということと、いわしは匂いもきついので鬼が嫌がるんだとか。他に安いしいつでも手に入ることからいわしが食べられているのだそうです。ですが節分にいわしを食べるのは、基本的には西日本が中心で他の地域だとまた違うようです。

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆には種類があった!大豆?ピーナッツ?地域によって違いを説明!

 

節分のいわしの由来は?

 

つちとねさん(@naoko_yokozawa)がシェアした投稿

いわしは、漢字で書くと「鰯」。魚に弱いと書きます。いわしは、すぐ死んでしまう弱い魚。その「弱し」が転じて「いわし」になったとか。匂いもきついので卑しい魚だとも言われています。ですので弱くて、卑しい魚を食べことで悪き気をを消し去ってくれるそうです。

関連記事→節分の由来を子供向けに簡単に説明!恵方巻を食べるのはどうして?

 

なぜ柊鰯を飾るの?

 

anneさん(@an40ne)がシェアした投稿

柊鰯とは、焼いた鰯の頭に柊の枝をさして玄関に飾るものです。節分の時期に見たことがある方もいるのではないでしょうか。柊の葉っぱはトゲトゲしているので、昔から邪気を払う木とされているそうです。

別名「鬼の目突き」ともいわれ鬼の目を刺すということで鬼が嫌います。その柊の枝に匂いのきつい鰯の頭を刺し鬼を追い払うために玄関に飾る魔除けのようなものなのです。

 

柊鰯の飾り方や片付け方を紹介

 

Une publication partagée par けいちゃん (@k_kei.chan) le

柊鰯はすでにセットされた状態でスーパーで売っていることあるそうですが、鰯は焼いて煙を出して食べることも魔除けの効果があるのでぜひ鰯から買って自分で作ることをおすすめします。柊は節分の時期になるとスーパにも売られていますし、花屋でも売ってくれると思います。

それを焼いた鰯の頭を柊の枝で刺すと完成です。完成した柊鰯を鬼が入ってこれないように玄関に飾ります。飾り方は玄関に紐でつったり、貼り付けたり、玄関に花瓶を置いて、それにさしてもいいですね。

片付け方は、柊鰯をいつまで飾るかというのは色々と説があり、節分の当日まで、2月末まで、次の節分までなどとバラバラです。そのため、みなさんの判断で取られて良いと思います。あまり長い間飾りすぎると猫やカラスも寄ってきそうなので、2月末くらいが一番多いようです。

柊鰯の処分の方法ですが、魔除けに使われたものなのであまり粗末にポイしてしまうのは、良くありません。白い紙の上に柊鰯を置いて、左、中、右の順番に塩をまいて新しいごみ袋に捨てる方法か神社に行って焚き上げてもらうのが良いでしょう。ぜひお試しください。

関連記事→雛人形の収納ケースは桐?プラスチック?どっちがいい?

 

まとめ

 

yuさん(@umeboshi.yu)がシェアした投稿


昔は、玄関に柊鰯を見たときは、なんだ?とびっくりしましたが、こうやって理由がわかり、家族を病気や災いから守ってもらうためだったと思うと、見た目とは裏腹に心温まりますね。柊鰯でみなさんの邪気が払われ鬼が追い払えますように。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る