節分の豆には種類があった!大豆?ピーナッツ?地域によって違いを説明!

皆さん、こんにちは?いかがお過ごしですか?お正月も過ぎて、もうすぐ節分…。日本のしきたりや風習も時代や住宅環境により多様化し、ニーズによって形を変えつつある近年ですよね。

ところで、節分の豆ですが地域によって、撒く豆の種類が違うのはご存じですか?実は節分に撒く豆は地域によって種類が違うんです。地域によって違うのはなぜなんでしょうか?詳しく書いてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆まきの由来が知りたい!どういう意味がある?渡辺さんはしなくていいの?

 

節分で行う風習は?

関西の大阪で有名なのは、そう、恵方巻きですね。最近では日本全国で浸透していますが、具材を七福神に見立てて、七つの具材を巻いた巻き寿司を恵方の方角に向かって全部食べきるということで福を願い、節分を祝う風習が大阪を中心とした関西では有名ですよね?

また、関東の群馬県の鬼石地域では、悪い鬼ばかりではないと言う由縁から、『福は内、鬼は内』とあえて鬼も中に入れるという由縁もあります。

他にも関西の京都では、豆まきの時にいわしを食する風習もあります。

節分の時期に豆まきと一緒に行われる風習として行われる習慣は地域によって様々ですが、皆さん、豆まきに使われる大豆がある地域では別のものが巻かれているのをご存じですか?


節分の豆はなに?地域によって違いはあるの?

そもそも一般的に節分には豆まきだけどどうして鬼に豆なんでしょうか?古来から、豆には魔除けの力が備わっているとされてきました。五穀の中の一つである大豆は神様の恵み物として神聖な力が備わっていると考えられていたんですね。

豆まきは、鬼に豆を投げて厄をはらうことに見立てられていたんですね。願うことは、無病息災…。昔、鬼が出たときに毘沙門天様のお告げにより鬼の目に豆を投げたところ鬼を退治できたという話があります。

大豆には栄養素も豊富なことから病魔も吹き飛んでいくことを祈って豆まきも風習になったんでしょうね。その豆まきが、地域によっては大豆ではなく別のものが撒かれるらしいんですね。いったいどこの地域でどんなものが大豆の代わりに撒かれるんでしょうか?

 

関連記事→節分にいわしをなぜ食べる?柊に刺すのはなぜ?由来を紹介!

 

節分の豆を紹介

大豆の代わりに、北海道、東北、信越地方では落花生が節分前にスーパーなどに並ぶことを皆さんはご存じでしょうか?豆まきに落花生が使われる理由は、豆を撒いた後が大変などや、衛生的に殻がついていた方が後から食べやすいなどと、いろいろな理由はあるのですが、大豆は本来夏に採れる穀物だと言われています。

日本では季節で採れる旬のものを食べるのが良いと言われていること、寒い地方にとって大豆に比べると落花生の方がエネルギーが高いことに理由があると言われています。

確かに暑い地域だと油分をとることでエネルギーを摂取できると言われていますが、寒い地域の場合は肉などからエネルギーをとらないと温度でエネルギーを消費してしまうと言われていますよね。寒い地方の人々にとって、大豆ではなく落花生を豆まきで使うというのは、食文化という点で理にかなっているんですね。

また、宮崎、鹿児島などの北九州地方においても節分では豆まきには落花生が使われるそうなんです。そう、落花生の生産地で有名な宮崎、鹿児島は特産品を節分で使うわけなんですが、最近また見直されている日本の自給自足の生活、自分たちの地域で採れた旬のものを食べることは、自分たちの住んでいる気候、風土に合わせてそのときにとれる栄養をいただくという意味で、自分の身体にも大事なことですよね。

スポンサードリンク

関連記事→節分の由来を子供向けに簡単に説明!恵方巻を食べるのはどうして?

 

豆を買うなら小袋がおすすめ

最近では日本の風習は守りつつ、合理的に、が現代の私たちの生活の中で基盤になっていたりしますよね。豆まきをする風習は大事な行事の一つでもありますが、室内で豆まきをするとなると後が大変だったりしますよね。そんな現代の風習と生活を見越してか、最近スーパーなどでは豆まき用の豆が小袋で販売していたりします。

このような形だと豆まきも片付けが時短になって豆もそこまで散らばることが無いのでいいですよね。

ぜひこちら参考にして、豆まきをしてみてくださいね!

関連記事→雛人形の収納ケースは桐?プラスチック?どっちがいい?

 

まとめ

最近の私たちの日本の生活が、ちょっと前までは、西洋化の便利さを取り入れることに注目が集中していました。しかし、生活のスタンスがスピード化し、また、古き良きを残し、自分たちの生活スタイルにいかに合理化をして取り入れていくかが個人にゆだねられるような時代になってきている気がします。

その家庭それぞれに日本の風習を引き継ぎ、生活を快適にしていくことは私たち自身にゆだねられるような時代になってきていますよね。私たち日本人がそれぞれ日本人としての風習をうまく引き継げていければと思う今日この頃です。

スポンサードリンク

 

関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る