節分の豆まきの由来が知りたい!どういう意味がある?渡辺さんはしなくていいの?

皆さんのご家庭は毎年豆まきを行っていますか?最近では地域によって豆まきとともに風習も様々…。恵方巻きを毎年食べるご家庭もあれば、豆まきをしないご家庭まで最近ではそれぞれ節分の過ごし方は様々ですよね。

ところで、皆さんは節分の豆まきをしなくていい名字の家系の方がいらっしゃると言う話は聞いたことがあるでしょうか?本日はそれらについて紹介してみますね!

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆には種類があった!大豆?ピーナッツ?地域によって違いを説明!

 

節分の豆まきの由来

旧暦では節分の時期、2月3日は季節の変わり目を表す時期でした。節分の時期は、四つの季節の節目の中で立春に当たりますよね?立春は新年の始まりであり近年で言うお正月のような感覚として尊ばれていました。平安時代の宮中では陰陽師たちによってこの時期に厄除けや厄払いをしたのがことのはじまりだと言われています。

豆まきという行事に発展したのは室町時代になってからだと言われています。なので、『鬼は外、福は内』の風習が定着したのは室町時代になってからなんですね。それでは豆まきはなぜするのでしょうか。

関連記事→節分にいわしをなぜ食べる?柊に刺すのはなぜ?由来を紹介!

 

豆まきの意味は何?

元々豆まきの由来としては、中国の風習が日本に伝わった風習だと言われています。豆を漢字に当てると、魔滅(まめ)と言うことから厄除けとして取り入れられたのがこの豆まきだったと言われてるんですね。

また、とある昔、京都の鞍馬に鬼が出たときに、毘沙門天様のお告げでは鬼の目に豆を投げつけると鬼がいなくなったと言います。大豆に含まれる栄養素もさることながら、昔から無病息災を祈り豆まきの風習が受け入れられていったんですね。

スポンサードリンク

関連記事→節分の由来を子供向けに簡単に説明!恵方巻を食べるのはどうして?

 

正しい豆まきの方法は?

ところで、皆さん豆の正式な巻き方をご存じでしたか?豆は本来、一家の主や年長者、またはその年の干支の生まれの人が撒くと決まってるんですね。

最近では家族全員で撒くのが主流ですがこんな決まりがあったんです。また、撒く豆は煎った豆でなくてはならない決まりがあります。なぜかと言うと生の豆を撒いたところから芽が出ることは目がでる…。縁起が悪いとされているんですね。

昔の陰陽五行説の習わしでも「木」「火」「土」「金」「水」の金に当たるのが大豆だと言われています。大豆の栄養素には滋養があるとお正月のおせちでも尊ばれていますよね。

金を作るには火を使い灰を起こして土を作ることで金が生まれると言われています。大豆は火を通すことで栄養素が吸収しやすくなりますよね。鬼の目を滅するという考え方からも豆は火で煎るようになっているんですね。

また、皆さんは鬼のパンツがいいパンツなのをご存じですか?これにもきちんとした干支に由来するお話があるんです。鬼のパンツはあれはただ、ヒョウ柄パンツな訳ではないのです。

あのパンツはトラの皮を使っているのですが、干支の方位で北東を鬼門とされているのですが、それを十二支に当てはめていくと、北東、鬼門に当たるのは、牛と虎なんですね。なので、牛の様な角と虎のような足(パンツ)をもったのが鬼だったんですね。

 

渡部さんはしなくていい?

ところで、そんな伝承のある豆まきですが、日本には鬼退治にちなんだ豆まきをしなくていいご家庭があるのをご存じですか?

時は日本の平安時代、源頼光と四天王が酒呑童子と茨木童子という鬼退治のおりに、苦戦していたところ、渡辺網という人物が鬼の腕を切り落としてそれを鬼が驚いて、以来、渡辺一族は豆まきをしなくていい!という伝承なのですが、そこには一緒に坂田金時という人物がいたのですが、その坂田金時氏は昔話の金太郎の粗でもあるとかないとか…。

そのことから渡辺さんと坂田さんは以来、豆まきをしなくていいという話になったとのことなんですね。

関連記事→雛人形の収納ケースは桐?プラスチック?どっちがいい?

 

まとめ

信じるかどうかはあなた次第…。というわけで鬼も逃げてしまう最強の渡辺さん一族は、豆まきも必要無いのだとか。日本の伝承の中には不思議な伝承も残ってるものがありますよね。渡辺氏や金太郎の伝承は、当時、源氏に仕えた四天王と言われた武将たちの話だと言われています。

大陸からあらゆる風土や文化や知識が流れてくる中で、日本に合った風土として形を変えて伝承されていく風土が今も息づいていますが、現代の私たちにとってもなじみやすい、そして浸透しやすい形に形を変えて風習は伝承されていくのではないかと思われます。

今回はちょっと不思議な節分の豆まきのお話をご紹介させていただきました。今年も無病息災を願って、新しい年をスタートさせたいですよね!

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る