節分の由来を子供向けに簡単に説明!恵方巻を食べるのはどうして?

お母さん!節分ってどうして恵方巻を食べるの?どうして鬼がくるの?そもそも節分ってなんなの?と子供は容赦なく質問してきますよね?なぜ?なぜ?なぜと思うことはいいことですし、なんでも知ろうとする気持ちは大事です。

ですが質問されてもママが詳しく知らなくては説明ができません。でもママもなんでも知っているわけじゃない。なんとなく知っていてもうまく説明できない。今日は、節分の由来、恵方巻はなぜ食べる?どうして鬼がくるの?子供向けにわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆まきの由来が知りたい!どういう意味がある?渡辺さんはしない?

 

節分の由来は何?

 

usapiyondaiさん(@usapiyondai)がシェアした投稿


節分とは、2月3日がに豆まきしたり恵方巻を食べたりするのがメインである古くからの日本の伝統文化です。でも実は、節分は2月3日だけではありません。

節分は「季節」を「分ける」と書きます。これは季節の分け目という意味です。季節の分け目とは、立春、立夏、立秋、立冬と春夏秋冬の季節が変わる1日目のことです。

その中でも立春は、昔はお正月でした。お正月の1日前は大晦日ですよね。1年の悪いものはすべて追い払って良い年を迎えれますように、と厄払いをするために、福は家に、鬼は外に!良いことが起こり悪いことが起こりませんように、と豆まきをするのです。昔は良いことは福がくる、悪いことは鬼がくると言っていたそうです。

関連記事→節分にいわしをなぜ食べる?柊に刺すのはなぜ?由来を紹介!

 

どうして恵方巻を食べるの?

 

@ryu_kou000がシェアした投稿


恵方巻とは節分の夜にその年の吉方(恵方)の方角を向いて太巻き1本を無言で食べると1年間無病息災で過ごせるという風習です。吉方(恵方)とはその年に一番良い方角で、その方角に歳徳神という神様がいるんだそうです。

その方角を向いて太巻きをしゃべらないで食べると、1年間病気や悪いことが起きませんようにという願いを込めているわけです。太巻きは福を巻き込むという意味もあって、良いことが巻き込んできますようにという願い込めて恵方巻が食べられるようになったのだそうです。

今はどの地域にも恵方巻が食べられていますが、昔は西日本(関西、近畿)からはじまったそうです。

スポンサードリンク

関連記事→節分の豆には種類があった!大豆?ピーナッツ?地域によって違いを説明!

 

なぜ鬼はくるの?

 

ゆみえさん(@yumie6_6)がシェアした投稿


昔は病気や災害などは、すべて鬼の仕業だと言われていました。ですので新しい年に病気、災害が起きないために鬼を退治するために豆まきをしないとだめだったんですね。

しかも鬼は、夜に北東からやってくるそうです。昔の時刻の表し方で丑の刻(1~3時)、寅の刻(3~5時)、丑と寅の間の北東からやってくるので、丑寅と呼ばれた鬼門からやってくるので、ウシの角をもってトラの牙と虎の皮のパンツを履いた恐ろしい鬼が夜中にくるというイメージになったのだとか。

他に鬼というのは、みんなの心の中にいる悪い気持ちのこと!ママやパパのいうこと聞きたくない、おもちゃを横取りしたい、いじわるしたい、お勉強したくないといった悪い気持ちが鬼の仕業だと考えられていたんですね。

鬼は、みんなが寝静まった夜中に悪さをするのです。なので鬼に悪い気持ちにさせられないようにしっかり鬼退治したいですね。

関連記事→雛人形の収納ケースは桐?プラスチック?どっちがいい?

 

まとめ

 

福岡!飾り巻き寿司教室*恵方マキさん(@maki.ehou)がシェアした投稿


節分、恵方巻、鬼の意味も分かれば楽しく節分が迎えれます。お子さんに質問されてもこれで怖いものはありません。節分は季節の変わり目に病気や災害(鬼)がこないように神様にお願いしながら福を巻き込む巻きずしを食べるということです。お子様の悪い心を退治するためにお子さんとしっかりその意味をわかって豆まきをしたいですね。

スポンサードリンク

関連記事→ひな祭り(桃の節句)について詳しく知りたい!まとめ記事

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る