新生児のゲップが出ない!出し方のコツを紹介!

赤ちゃんにおっぱいをあげた後ゲップさせてあげてくださいねとよく耳にすることがあると思いますがそもそもどうしてゲップさせなきゃいけないの?本当にさせなきゃいけないの?これから出産を控えている方は、ゲップをしっかりさせてあげれるか不安になりますよね。今日は、赤ちゃんがゲップをする理由、ゲップがでない原因、ゲップの出し方、出ない時の対処法などをご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→ニット帽を赤ちゃんに!かぶせ方や選び方説明!おすすめも紹介

 

ゲップをさせる理由はなに?

 

kasminnie-03さん(@kasminnie03)がシェアした投稿

赤ちゃんは、基本的に鼻呼吸ですので、母乳やミルクを飲みながら呼吸ができるそうです。口の中の構造も大人と違うためミルクを続けて飲むことができるんですね。我が家の子供たちも赤ちゃんの時いつもよくそんなに息継ぎしないで飲めるなと感心して必死に飲む姿が可愛くてついつい見入ってしまっていました。

一気に飲めることはいいのですが、空気を胃の中にたくさん取り込んでしまうので、ゲップをしないとミルクの吐き戻しの原因になってしまうんです。ですが、口の構造上赤ちゃんはうまくゲップもできません。赤ちゃんの胃もまだ未発達なので少しの刺激でミルクを吐いてしまうんですね。

ゲップができないとおなかにガスがたまり苦しくなって、せっかく飲んだ母乳やミルクを吐き戻してしまうんです。あまり吐き戻しすぎると窒息してしまう恐れもあります。栄養面も心配ですし、吐いた後も苦しいのが続きグズグズの原因になってしまうんです。なのでゲップは赤ちゃんにとって大切なお世話の一つなんですね。

関連記事→赤ちゃんが口呼吸してる!鼻づまりが原因?対処法を紹介!

 

ゲップの出し方のコツを紹介

それでは、ゲップの出し方のコツを紹介しますね。いくつか方法があるので一つずつ見ていきましょう。

縦抱き

 

Shiho Miyamotoさん(@mymtsh)がシェアした投稿


赤ちゃんを縦抱きにして赤ちゃんのお尻をママの腕に乗せてママの肩に赤ちゃんの首をひっかける感じで背中をトントンと優しくたたいてあげましょう。あまりきつくたたきすぎると赤ちゃんがびっくりしてしまうので優しくトントンして下から上にマッサージしてあげましょう。

 

丸抱き

赤ちゃんを縦抱きにして赤ちゃんのおしりをママの腕に乗せ赤ちゃんの胸がママの肩にもたれて丸くなるかんじで抱っこします。こちらも同じように優しく背中をトントンしながら下から上にマッサージしてあげてください。

関連記事→赤ちゃんが鼻づまりや咳で夜寝れない!原因や対策を紹介!

 

横向きで寝かせる

 

潤音さん(@junopapa0802)がシェアした投稿


抱っこしてもゲップがでない場合は、横向きに寝かせましょう。背中に丸めたタオルをおいて横向きに安定するようにすると自然にゲップがでる場合もありますし、もし吐き戻しても横向きだと窒息の恐れもないので安心ですね。ですが寝返りできちゃう赤ちゃんもいますのでゲップがでるまでは、赤ちゃんから目を離さないようにしましょうね。

縦抱き、横抱き同様赤ちゃんのゲップが出やすい角度もあるのでいろんな角度からためにして我が子の一番ベストを探してみてください。

赤ちゃんを縦抱きにしてゲップさせているとゲップと一緒に少しだけミルクを吐き戻してしまう場合があり、これを放置すると匂いの原因になります。知らない間に肩にミルクの染みがっというのも、ママにはあるあるですね。そういう場合は、ママの肩にタオルをおいて汚れないようにするとよいですよ。横抱きの場合も顔の下にタオルををおいてあげると汚れなくてよいでしょう。

スポンサードリンク

関連記事→スリーパーを赤ちゃんに選びたい!冬のおすすめはどんなもの?

 

新生児のゲップがでない原因と対策

 

ユキさん(@yuki_z.y)がシェアした投稿


これだけ聞くと絶対ゲップさせないと~っと思ってしまいますが、赤ちゃんによっては上手にゲップができない子もいます。ゲップがでないと必死にマッサージしていることが赤ちゃんにも伝わって、赤ちゃんが緊張しストレスに感じているかもしれません。

ママが気付かない間に小さなゲップで終わっている可能性もありますし、母乳だとミルクより胃に空気が入りづらいそうでゲップが必要でないほど上手に母乳を飲んだのかもしれません。ですので縦抱きにしてみても丸抱きにしいてみても横に寝かせてみてもゲップしない場合は、あきらめて様子見てみてもいいかもしれませんね。

関連記事→赤ちゃんの冬の布団はどうする?蹴る場合の対処法!暖房はつける?

 

まとめ

 

Hayatoさん(@good.hayato)がシェアした投稿


赤ちゃんは、ママの力をかりないとできないことだらけです。忙しいママは早くゲップしてよっとイライラすることもあるかもしれませんが、それも首がすわり1人ですわるようになれば1人でゲップしてくれることも増えるので、今だけだと思ってがんばりましょう。ゲップをさせようと必死になるのではなく、諦めて様子をみるくらい気楽なかんじでリラックスしてゲップできたらいいですね。

スポンサードリンク

関連記事→抱っこ紐の防寒グッズ、ケープやカバーを紹介!ダウン素材が人気

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る