赤ちゃんのお風呂の入れ方は?泣く場合の対処法やお風呂上がりのケアも紹介!

赤ちゃんを出産し、おうちに帰ってくると、赤ちゃんとママとパパの生活がはじまります。わからないことは病院では簡単に聞けていましたが、家に帰ってからはそうはいかなくなるので、最初は不安でいっぱいですよね。

まず赤ちゃんのお世話で重要な1つが沐浴ですね。沐浴はベビーバスで赤ちゃんをお湯につけて汗や汚れを優しく洗い流してあげるものですが、赤ちゃんを優しくガーゼで洗ってあげると赤ちゃんもとても気持ちよさそうにしてとても幸せな気持ちになります。

赤ちゃんはまだまだ肌も弱く、感染症などの予防のため、ママやパパと別々にお風呂にいれるため沐浴していますが、生後1か月になってくると赤ちゃんの体重も増えてベビーバスでは狭くなってきます。

でもお風呂はいつからデビューしてあげればいいのかな?1人で入れれるのか不安でどうやって入れたらいいのかな?泣いたらどうしよう。お風呂あがりのケアなど気になるところをまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事→ニット帽を赤ちゃんに!かぶせ方や選び方説明!おすすめも紹介

 

赤ちゃんを沐浴後にいつからお風呂にいれる?

 

kakeruさん(@kakeru20170709)がシェアした投稿


赤ちゃんのお風呂デビューは、1カ月健診で赤ちゃんの状態、おへその状態などみてもらい、その時に先生にお風呂一緒に入って大丈夫ですよ!と言われたらOKです。もちろん湯船にいれるのがまだ不安な方はベビーバスで良いと思いますが、2カ月、3カ月くらいになると赤ちゃんの体重も大きく片手で赤ちゃんを支えながらガーゼで洗うのもなかなかの体力がいります。

それに付け加えて赤ちゃんの動きも激しくなるので、ベビーバスの中で足をばしゃばしゃ、お湯もあふれママの腕が限界!と思ったらお風呂デビューが良いでしょう。

関連記事→赤ちゃんの冬の布団はどうする?蹴る場合の対処法!暖房はつける?

 

お風呂の入れ方は?便利なグッズも紹介!

 

トモツネ(森 なつみ)さん(@tsunepipipi)がシェアした投稿

お風呂に入る前に赤ちゃんをあげるときに、すぐバスタオルで拭けるようにバスタオルを広げておきましょう。赤ちゃんを抱っこしながらバスタオルをとって広げると、赤ちゃんを落とすリスクもあるし、もたもたしていると湯冷めしてしまうかもしれません。ですので、その前にバスタオルを広げて着替えも用意しておくとスムーズですね。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入り、赤ちゃんを膝の上に乗せて利き手じゃないほうで赤ちゃんの首を支えて利き手で体を洗ってあげると良いでしょう。洗い終わるとゆっくりシャワーで洗い流してください。シャワーの水圧などに注意して優しく洗い流してくださいね。

洗い終わると湯船につかりますが、その時も足からゆっくりママと一緒につかります。このとき温度は、38度か39度!少し大人じゃぬるいかな?ぐらいでいれてあげると赤ちゃんも気持ち良いと思います。

ママとのお風呂をもし一回で済ましてしまいたい場合は、赤ちゃんのために広げておいたバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせて脱衣所で待ってもらうとよいでしょう。その時もバスタオル1枚では、背中が痛いので何枚かひいてあげるかなんらかのクッションをおいてあげてください。

お風呂の戸を閉めてしまうと赤ちゃんが不安がって泣いてしまうので、少し忙しないですが、戸をあけたままにしてあげるとママも赤ちゃんも安心ですね。ママが洗い終わったら赤ちゃんを洗って、一緒に湯船に浸かってあまり長湯してしまうとのぼせてしまうので浸かるのは1分!上がるときは広げておいたバスタオルで拭いてあげるとスムーズです。

関連記事→赤ちゃんが口呼吸してる!鼻づまりが原因?対処法を紹介!

 

その他便利グッズを使うともっとスムーズにお風呂に入れます。

こちらは、はじめてのお風呂から使えるアップリカのバスチェアです。リクライニングが3段階あってフルリクライニングで165°まで倒せるので1カ月の赤ちゃんでも安心で寝かせられます。

マットもついているので寝かせた瞬間冷たくないし背中も硬くないので赤ちゃんがびっくりしませんので快適に寝かせられます。フロントガードもついているので赤ちゃんがハイハイするようになっても、そこからで出れないのでちょっとジッとしてほしいときにもいいです。畳んでおいておけるので邪魔にもなりにくいですね。

 

空気を入れて膨らますタイプのベビーバス。これなら沐浴からも使えますしお風呂デビューしたときもママが洗っている間待っているのにも役立ちますね。エアクッションなので赤ちゃんも安心して寝ていられると思いますし、股のストッパーがついているので安定します。空気を抜けばコンパクトになり持ち運びも便利なので里帰りされる方にもおすすめですね。

 

スイマーバという首につける浮輪です。赤ちゃんにつけるの怖いって思う方いるかもしれませんがこれがかなり便利で、自分で浮いている姿がかわいい!それにお風呂からあがるときにそのまま浮いていてもらってママは、パッと体を拭き赤ちゃんのスイマーバをとって拭いてあげるとバスタオルを先にセットしなくてもスムーズにあげることもできます。

スポンサードリンク

関連記事→スリーパーを赤ちゃんに選びたい!冬のおすすめはどんなもの?

 

泣く場合の対処法は?

赤ちゃんがお風呂で泣く理由は様々です。以下に書いてみますね。

 

眠い

赤ちゃんの眠たい時にお風呂にいれてしまうと赤ちゃんは機嫌が悪くなって泣いてしまいます。お昼寝の時間がずれ込んだリするとお風呂の時間にグズッたりということもよくあります。ですのでそういう場合は、お風呂時間をずらしてあげるか、1日くらいでしたら温かいタオルで綺麗に拭いてあげるだけでもよいでしょう。

 

お腹がすいている

赤ちゃんがお腹がすいていてもグスグスしてしまいます。お風呂に入ると暑いので喉も乾いてしまうのでおっぱいをあげてからはいるようにしましょう。おっぱいをあげてすぐお風呂にはいると赤ちゃんが吐き戻したりすることもあるのでおっぱいをあげて30分してからお風呂に入るようにしましょう。

 

急に裸にされて不安

赤ちゃんは、急に裸にされると不安になって泣き出してしまいます。その場合は、タオルやガーゼを胸やおなかの上に乗せてあげると安心して泣き止むかもしれません。

関連記事→赤ちゃんが鼻づまりや咳で夜寝れない!原因や対策を紹介!

 

シャワーを急にかけられて嫌だった

シャワーの水圧が強すぎてびっくりしてしまっているのかもしれません。赤ちゃんは、びっくりすると不安になって泣いちゃうのでシャワーの水圧を弱めにしてゆっくり洗ってあげるのが良いですね。

他には、お風呂が寒かったり、石鹸が目に入って痛かったり、お湯の温度が熱かったり、冷たかったり。赤ちゃんは、様々なことで不安になりますので気をつけてあげましょう。

赤ちゃんに、お風呂は楽しいんだよ!ということをわかってもらうためにもママの赤ちゃんへの声かけも大事ですね。赤ちゃんが言葉がわからなくてもママの声を聞くだけでも安心します。気持ちいいねー楽しいねーっと声をかけながら歌をうたいながら楽しいお風呂時間になるといいですね。

 

お風呂あがりのケアは?

 

Arisa Tadaさん(@arisa3533)がシェアした投稿


お風呂から出るとまず体を拭きますが、赤ちゃんの肌はデリケートなので優しい素材のバスタオルで拭いてあげましょう。体を拭いたら保湿ケアが重要です。夏でも冬でもエアコンや暖房もつけていると部屋が乾燥してしまいます。

関連記事→赤ちゃんの保湿、顔にも塗れるクリームやベビーローション13選!

 

保湿ケアを怠ると体に湿疹ができ痒がったりお肌トラブルになります。赤ちゃんの肌は、とても弱いので保湿剤も赤ちゃん用の着色料と香料と防腐剤が入っていないものを選びましょう。

鼻、耳、おへそのお掃除も大切です。綿棒で軽くふき取って清潔を保ちましょう。赤ちゃんは大人が思っているより水分を必要としています。お風呂から上がってケアして服を着せてあげたらしっかり水分補給させてあげましょう。

関連記事→赤ちゃんの乾燥が気になる!保湿はいつから?おすすめの方法はある?

 

まとめ

赤ちゃんのお風呂は、ママにとってとても重労働ですよね。ですが首が座り、腰が据わり立ち始めるとお風呂に入れるのはどんどん楽になります。大変なのは今だけですので、疲れるかもしれませんがママとパパと赤ちゃんと楽しいスキンシップの時間にしたいですね。

スポンサードリンク

関連記事→抱っこ紐の防寒グッズ、ケープやカバーを紹介!ダウン素材が人気

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る