主婦は派遣とパート、どっちが良い?メリット・デメリットを紹介

正社員は、ちょっと無理なんだけど、何か仕事をしたいと、職探しをていると、「派遣社員」や「パート社員」といった文字が目に留まりませんか?正社員とは違うのは分かるんだけど、具体的に派遣とパートって何が違うの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は、派遣とパートの違い、また主婦が働くには、どちらが働きやすいのかについて紹介していきます。


スポンサードリンク

 

派遣とパートの違い

派遣とパートでは、雇用契約の内容の違いや、雇用形態と契約の面で大きく違いがあります。

パート社員は、その企業やお店などに直接雇用されて働きます。派遣社員は派遣会社が働く企業との間に入り、契約して派遣先で勤務します。雇用主の下で直接働くか、派遣会社が間に入るか、という点がまず大きな違いです。

パート社員は雇用主であり勤務先である企業からお給料をもらいますし、福利厚生もその企業のものに入ります。一方、派遣社員の場合は、派遣会社からお給料をもらうという形になっています。

 

主婦が働く際の派遣のメリット

では、主婦が派遣社員として働くメリットをみていきます。まず、一番はパートよりも時給が高いということがいえます。派遣社員は一般的に直接企業から雇用されるパート社員よりも高い時給であることが多いです。

特に企業が必要とする高い技術や経験を持っている人であれば、平均的な時給よりももっと良い条件で働くことができます。また、その時給の交渉も派遣会社が行ってくれますので面倒がありません。

残業がある場合でも、給与がちゃんと加算されますので、残業代もきちんと支給されまので安心して残業もできますね。仕事中のトラブルなども派遣会社が対応してくれるので仕事に集中できます。

仕事の内容も、契約時にすでに決まっていますので、自分にあった条件下で働くことができるのも、派遣社員のメリットです。そういった面で、やりたい仕事や、自分の能力に合わせて仕事を選ぶことができますので、派遣社員なら無理のない働き方を自分で選べるのです。

 

主婦が働く際の派遣のデメリット

では次に派遣社員で働くデメリットについて見ていきましょう。

まず待遇面ですが、同じ仕事をしているのに、派遣会社が違うだけで時給が異なる場合があるのです。これは、直接企業からお給料をもらうパートと違い、派遣会社が間に入るためです。ここに納得いかない方もいらっしゃるでしょう。

また、もしその仕事が気に入ったり、その職場の雰囲気がよく長く働きたい場合でも、派遣社員は契約期間が決められているので、その契約が終われば、その職場では働き続けることができません。同じところで長く働きたい方にとっては、合わないと感じるかもしれません。

人間関係については、社員同士は身内感覚で良好な職場でも、派遣社員は外部の人間として見られ、付き合いがないケースもあります。その会社の社員として人間関係を作りたい人は少し寂しかもしれません。

ただし、主婦は夜の飲み会などの参加が難しい人も多いので、逆にさらっとした人間関係で助かるという方もいます。

スポンサードリンク

 

主婦が働く際のパートのメリット

では次に、主婦がパート社員として働くメリットについて見ていきましょう。まず、求人広告でもよく、未経験者OKという求人をみますが、未経験でも雇ってもらえるケースが多いのがパートです。

未経験のパート社員を積極的に募集している職場は意外と多いのです。派遣会社が間に入る派遣社員と違い、直接雇われる形態のパート社員は、身近な感じで受け入れてもらいやすく、職場の環境や人間関係を重視するなら、長期で雇用されやすいパートを選ぶのがオススメです。

また、パートの場合は何か仕事上でのトラブルや問題があれば、直属の上司や先輩、同僚などに相談をすることになりますし、こじんの状況に合わせて柔軟な働き方しやすいでしょう。

たとえば、家族や子供の予定に合わせて働きたいという場合でもパートはシフト設定なども希望に合わせて柔軟な働き方ができるのがメリットです。

週3日だけ、1日4時間だけなど、少ない日数・短時間で働くことも可能なのです。週3〜週4のパートタイム派遣など、求人によって勤務形態が違います。

 

主婦が働く際のパートのデメリット

では、主婦がパート社員として働く場合のデメリットは何なのでしょうか?見ていきましょう。

まず、仕事探しをする際、エージェントがいないわけですから、自分で仕事を探さなければなりません。これは、時間もかかりますし、なかなか大変な作業ですので、大きなデメリットのひとつだと思います。パートの場合、職探しは自分で行う必要があります。

また、仕事上のトラブルが起こったとしても、もちろん自分で全部対応しなければなりません。

仕事内容の面では、何の仕事をするのか、はっきりと契約することなく雇われて、その結果として思いもよらなかった仕事や、自分には向いていない仕事もすることになる場合もあります。

また、その仕事のスキルアップをしたいときにも、パートでは派遣社員とはちがい、自分で専門学校などに通ったり別に出費がかかることも。給料の面では、遣社員と比べて時給が低いのが一般的です。

とある調査によると、2018年の派遣社員の平均時給は約1,600円でした。一方、パートの平均時給は約1,000円でした。やはり給与面の差は大きいといえるでしょう。

 

まとめ

派遣社員とパートの違いについてまとめてみました。どちらが良いかというのは、環境によって違うので、一概には言えません。自分の状況に合わせて、働きやすい方を選んでみましょう。

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事

関連記事

人気記事

カテゴリー

プロフィール

初めまして。   当サイト管理人のアイママです☆   当サイトにお越しいただきありがとうございます。   私は3歳と6歳の2人の娘を育てています。     子供を産んでから、育児って育自だと本当に強く感じるようになりました!    笑顔で子育て出来たら、本当に良いなとおもいつつ、私も日々邁進中です。    こちらを見て、悩むのは自分だけではないんだと思っていただけたら幸いです。  詳しいプロフィールはこちら
ページ上部へ戻る